トップページ > 就労ビザコラム > 就労ビザの代理申請を頼むなら行政書士へ(弁護士はあまりやりません)

就労ビザの代理申請を頼むなら行政書士へ(弁護士はあまりやりません)

就労ビザの代理申請を頼むなら行政書士へ(弁護士はあまりやりません)

就労ビザの取得を検討している方の中には、“自分で申請するのは不安だから、専門家に依頼したい…”という方もいらっしゃいますよね。依頼するかどうか迷っている方は、ぜひ参考にしていただければと思います。ちなみに在留資格関係の申請はほとんどが行政書士が行っているので弁護士がやることは現実的にはほとんどないかもしれません。

 

今回は、就労ビザの代理申請を行政書士に依頼するメリットをご紹介していきたいと思います。

【メリット1|就労ビザの実績がある】

1つ目のメリットは、「就労ビザの実績がある」ということです。もちろん、これは依頼する行政書士の方にもよりますが、少なくとも初めて申請手続きを行うあなたよりは在留資格の申請に慣れているはずです。就労ビザに関するノウハウも持っているため、その分許可になる確率が上がることも期待できるでしょう。

【メリット2|申請に割く時間を節約できる】

2つ目のメリットは、「申請に割く時間を節約できる」ということです。行政書士に依頼をすると、入国管理局へのビザ申請・追加書類の提出・質問状への回答など、入国管理局との対応はすべて行政書士の方が行ってくれます。

もしこれらを一人で行うとなると、相当な労力を要すことは容易に想像できますよね。よく分からないまま模索して進めるよりも、圧倒的にスムーズに手続きを進めることができるのです。

これらが、行政書士に依頼するべき2つの理由です。

【就労ビザの依頼の料金相場はどのくらい?】

さて、気になる「料金相場」ですが、10万円くらいの事務所が多いと思いますが、多く見積もっても15万円もあればフルサポートが受けられます。フルサポートには、提出書類の作成や法令のチェック・入国管理局との対応などが含まれています。

 

ちなみに、

“書類は自分で作成するからチェックだけしてほしい!”

“代理で申請だけしてほしい!”

と、このように一部だけ依頼する形にするのであれば、5万円ほどまで費用を抑えることができます。

<どうしてもまとまったお金がない場合>

行政書士事務所の中には、「分割払い」や「後払い」に対応している事務所もあります。どうしてもお金が厳しい…という方は検討してみることをおすすめします。

【まとめ】

今回は、就労ビザの申請を行政書士に依頼するメリットや料金をお伝えしていきました。なかなか迷うかもしれませんが、やはり得意でないことは専門とする人に依頼するのがベストです。安くないお金はかかりますが、それだけ得られるリターンが大きいということだと思います。少しでも気になる方は、ぜひ依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

無料相談

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。