トップページ > 就労ビザコラム > エンジニアとして働くための就労ビザは何?

エンジニアとして働くための就労ビザは何?

エンジニアとして働くための就労ビザは何?

ここ数年で、一気に進歩したITという分野。これに伴い、国内・国外問わず「エンジニア」という職種が引く手あまたとなっていますよね。中には、“エンジニアとして日本で活躍したい!”と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?このページでは、エンジニアとして働くための就労ビザについて分かりやすくお伝えしていきたいと思います。ぜひ、参考にしてみてください。

エンジニアとして働くための就労ビザはなに?

では、さっそく本題に入っていきたいと思います。

“エンジニアとして日本で働きたい!”というあなたが取得するべき就労ビザは、「技術・人文知識・国際業務」です。

 

就労ビザの全種類の中では、下記のようなポジションですね。

<就労ビザの種類>

・外交

・公用

・教授

・芸術

・宗教

・報道

・高度専門職

・経営・管理

・法律・会計事務

・医療

・研究

・教育

・技術・人文知識・国際業務

・企業内転勤

・介護

・興行

この中でも、エンジニアは「技術」に該当します。では、取得するべき就労ビザが分かったところで、ここからは「技術・人文知識・国際業務」の就労ビザを取得するための要件や必要書類をお伝えしていきたいと思います。

「技術・人文・国際業務」の就労ビザを取得するための要件は?

要件は下記のとおりとなっています。

1. 従事しようとする業務に必要な知識にかかわる科目を専攻して大学を卒業しているか、同等以上の教育を受けていること。または、従事しようとする業務について10年以上の実務経験を持ち、必要な知識を修得していること。

→ エンジニアの場合、法務省が告示している資格に合格すれば1の要件が免除されます。(基本情報技術者試験・ネットワークスペシャリストなど)

 

2. 日本人が従事する場合と同等額以上の報酬を受けること。

 

※「技術」分野で在留資格を得る場合は、日本の民間企業や公的機関と契約しなければなりません。

このように、当然のことながら、エンジニアとして働くためには大学や専門学校で情報処理や工学などを専攻していることが必要になります。もしくはエンジニアとしての経験が必要になります。とりあえずエンジニアになりたいから日本に来た!”というのは通用しませんので注意してください。

そして、これらの要件を証明するために必要な書類は次のとおりです。

<必要書類一覧>

(全カテゴリー共通)

・在留資格認定証明書交付申請書:1通

・写真(縦4cm×横3cm):1葉

※ 申請前3か月以内に撮影されたもの。

・返信用封筒(宛先を明記の上、404円分の切手を貼付したもの):1通

・どのカテゴリーに所属するのかが分かる書類

 

(カテゴリー3・4共通)

・申請者の活動内容を明らかにする書類

・申請人の学歴・職歴・その他経歴等を証明する文書

・登記事項証明書

・事業内容を明らかにする書類

・直近の年度の決算文書の写し

 

(カテゴリー4のみ)

・前年度の職員の給与が分かる書類など…

なかなか多いですね…。

書類を収集・作成するのが難しい…という場合は、行政書士などの専門家を頼ることをおすすめします。

まとめ

今回は、エンジニアとして働くための就労ビザについてお伝えしていきました。要件を満たし、必要な書類を提出しさえすれば、誰でもエンジニアとして日本で働くことができるようになります。エンジニアとして日本で働くことに少しでも興味があるのであれば、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

無料相談

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。