トップページ > 配偶者ビザのQ&A(よくある質問) > 配偶者ビザを申請した後に面接はあるの?

配偶者ビザを申請した後に面接はあるの?

配偶者ビザ申請には面接があるのかどうか気になりますよね。結論から申し上げますと、配偶者ビザを申請した後の面接はありません。

 

ホッとした方もいるかもしれませんが、面接がないということは“すべて書類で判断される”ということです。いい加減な書類を作成すると普通に不許可になりますので、面接がない分書類作成に時間を割いていきましょう。

 

ちなみに、配偶者ビザの一番の重要ポイントは次の2つ。

 

1.日本で生活できる資金力がある

→公的負担にならないか(目安:月収20万円)

 

2.ちゃんとした婚姻関係がある

→ビザ目的の結婚ではないか

 

そして、必要な書類は以下のとおり。

<配偶者ビザ申請に必要な書類>

 

•在留資格認定証明書交付申請書

•写真(縦4cm×横3cm) 1枚

•配偶者(日本人)の方の戸籍謄本

•申請人の国籍国(外国)の機関から発行された結婚証明書

•配偶者(日本人)の住民税の課税証明書・納税証明書(1年分)

日本人配偶者の身元保証書

•配偶者(日本人)の世帯全員の住民票の写し

質問書

•スナップ写真(夫婦で写っており、容姿がはっきり確認できるもの)

•392円切手(簡易書留用)を貼付した返信用封筒

•その他

・身元保証人の印鑑

・身元を証明する文書など

用意しなければならない書類はたくさんありますが、中でも重要なのが、「スナップ写真」。ビザ目的の結婚でないことを証明する重要な証拠になりますので、付き合いが長いのであれば出会った当初の写真なども添えておくといいでしょう。

このように配偶者ビザでは、面接がない代わりに提出書類でいかに正当な婚姻関係を証明できるかがポイントとなっています。

無料相談

日本人配偶者ビザにあたり不安な点があったら、まずは在留資格(ビザ)申請に詳しい行政書士に相談してみることをお勧めします。早期相談が確実なビザ許可のポイントです。

さむらい行政書士法人では、日本人の配偶者ビザ申請についてのご相談を受け付けています。それぞれのお客様の事情に応じた対策を探り、許可までの道筋をご提案いたします。

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-5830-7919名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格・ビザの基礎知識

在留資格・ビザの基礎知識

サイト運営者

サイト運営者

このサイトについて

このサイトについて

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。