トップページ > 配偶者ビザのQ&A(よくある質問) > 配偶者ビザがもらえない時はどんな時?

配偶者ビザがもらえない時はどんな時?

配偶者ビザが不許可になってしまう理由には、次のようなものがあります。

【不許可になる理由】

●偽装結婚の疑いがある

●事実上、婚姻関係が破たんしている

●日本で生活していく資金力がない

●日本人配偶者または外国人配偶者に前科・犯罪歴がある

●書類に記載している内容が矛盾している

上記のケースに該当する場合、配偶者ビザを取得することが非常に難しくなります。

そして、特に重要な審査ポイントは、「偽装結婚ではないかどうか」ということです。

 

近年、ビザ目的の偽装結婚が増加していることもあり、入国管理局の審査が厳しくなっています。歳が離れている・提出書類である2人の写真が少ない・出会いが不自然などの理由で「本当にちゃんとした婚姻関係なの?」と疑われることもあります。そのため、“きちんとした結婚である”ことを証明するための書類であれば、たとえ提出必須でなくても積極的に提出することが大事です。

 

ちなみに、審査基準は一般人にはブラックボックスとなっているため、たとえ不許可になったとしても“なぜ不許可になったのか?”という理由がなかなかわかりません。理由が分からなければ再申請をしても無駄になってしまうため、少しでも不安がある方は、行政書士などの専門家に相談することをおすすめします。

無料相談

日本人配偶者ビザにあたり不安な点があったら、まずは在留資格(ビザ)申請に詳しい行政書士に相談してみることをお勧めします。早期相談が確実なビザ許可のポイントです。

さむらい行政書士法人では、日本人の配偶者ビザ申請についてのご相談を受け付けています。それぞれのお客様の事情に応じた対策を探り、許可までの道筋をご提案いたします。

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-5830-7919名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格・ビザの基礎知識

在留資格・ビザの基礎知識

サイト運営者

サイト運営者

このサイトについて

このサイトについて

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。