信用金庫・商工中金・プロパー

日本政策金融公庫と信用金庫どちらで借りたほうがよい?

無料診断

無料診断

事業を始めるときに創業融資を受ける場合、日本政策金融公庫と信用金庫のどちらで借りた方が良いのでしょうか。

 

創業融資なら日本政策金融公庫か、保証協会付の融資

創業時は実績も信用もないので、プロパー融資、つまり保証協会を利用せずに民間の金融機関から融資を受けることは難しいです。

 

そのため、創業時に融資を受けたいのであれば、日本政策金融公庫か保証協会を利用することになります。

 

日本政策金融公庫は、政府が出資している政府系の金融機関で、起業したばかりの会社や個人事業主でも積極的に融資業務をしてもらえます。

 

また、保証協会付の融資も、万が一返済ができなくなった場合には保証協会が代わりに返済をしてくれるので、信用がない起業したばかりで信用があまりない事業者でも融資を受けられる可能性があります。

 

保証協会付で融資を受ける場合には、メガバンクや都市銀行よりも信用金庫がオススメです。

メガバンクや都市銀行は個人事業主や創業間もない会社には不親切で、信用金庫のような地域に密着した金融機関の方が、地元の企業を応援してくれようとするので、融資に関しても比較的親切に対応してくれます。

 

まずは日本政策金融公庫がオススメ

日本政策金融公庫と保証協会を利用した信用金庫等からの融資のどちらがいいのでしょうか。

 

オススメは、まずは日本政策金融公庫からの融資を受けることです。

 

日本政策金融公庫の方が創業融資を受けやすく、また、公庫から融資をしてもらったということで、民間金融機関の対応が代わり、信用金庫等からの融資を受けやすくなるということもあるからです。(呼び水効果)

 

どうして日本政策金融公庫の方が融資をうけやすいのか、その理由について詳しく説明していきます。

 

理由① 自己資金の問題

民間の金融機関から創業融資(保証付)を受ける場合には、だいたい自己資金と同額が融資の限度額になります。

 

一方、日本政策金融公庫の場合は、融資希望額の10分の1が求められる自己資金の目安になります。

 

また、現在勤務している企業と同じ業種の事業を始める場合や、産業競争力強化法に定める認定特定創業支援等事業を受けて事業を始める場合であれば、自己資金がなくても融資を受けられる可能性があります。

 

日本政策金融公庫は政府系の金融機関であることから、営利を目的にしておらず、数字だけでなく、創業者の熱意等も加味して積極的な姿勢で審査を進めてくれます。

 

そのため、創業者にとって日本政策金融公庫からの融資の方が融資が受けやすいと言えるでしょう。

 

理由② 融資実行までのスピード

もう一つの理由は、融資の申込から融資実行までの期間の違いです。

 

民間の金融機関から創業融資を受ける場合には、信用保証協会の保証を受けることになります。

 

金融機関だけでなく、信用保証協会も調査を行います。

 

そうしたことから、申し込みから実際に手元にお金が入るまで1か月から2か月程度かかります。

 

一方で、日本政策金融公庫の場合は、日本政策金融公庫が単独で融資の審査を行いますので、申し込みから融資の実行まで3週間から1か月程度となります。

 

もちろん、事情によってはそれより長くなることもありますが、日本政策金融公庫の方が早く融資を受けられる可能性が高いでしょう。

 

理由③ 融資条件が有利

金利(保証協会付融資の場合は保証料を含む)はどちらもあまり変わりませんが、返済期間や据置期間は日本政策金融公庫の方が長くなります。

 

返済期間や据置期間が長ければ、それだけ資金計画に余裕を持てますので、日本政策金融公庫の方が有利と言えるでしょう。

 

両方から融資を受けるという方法もある!

これまで、日本政策金融公庫と信用金庫、どちらで借りた方がいいのかという視点で話してきましたが、「どちらからも借りる」という方法もあります。

 

①公庫から融資を受けた後、信金でも融資を受ける

どちらからも融資を受けられるのであれば、できるだけ手元に現金を増やしておいた方が早くビジネスに集中できます。

まずは、早く融資を受けられる日本政策金融公庫からの融資を受けて、その後に信用金庫へも融資の申し込みをすると良いでしょう。

 

②同時に両方から融資をうける

協調融資といって、日本政策金融公庫からと信用金庫からの両方の融資を同時に進める方法もあります。

両方から融資を受けることで、片方からでは受けられなかった額の融資を受けることができる場合があります。

ただ、この場合は、どちらかの融資の審査を通過できなかった場合、どちらからも融資を受けられなくなってしまいますし、日本政策金融公庫単体で借りるよりも審査が長くなってしまいます。

 

そのため、まずは日本政策金融公庫の融資を申し込んで、後で信用金庫からも融資も検討すると良いでしょう。

 

 

メモ

いかがでしたでしょうか。創業間もなくても融資を受けることは可能です。

日本政策金融公庫や信用金庫に融資の申し込みをしたいけれど、自分で申し込みをするのは不安だと感じている方は融資の専門家に相談してみてください。

 

 

この記事の監修

さむらい行政書士法人 代表 / 小島 健太郎

行政書士/財務コンサルタント

吉野 智成(よしの ともなり)

プロフィール

大学卒業後、税理士事務所で中小企業の会計を支援。
2019年 行政書士登録、個人事務所を開設
2021年 補助金・融資部門を法人化。「株式会社Gunshi」を設立
専門分野:事業者向け補助金、融資申請支援

書籍

中小会社で活用できる「補助金」のことがわかる本』(セルバ出版)

無料診断

無料診断

-信用金庫・商工中金・プロパー

© 2022 経営者のための『日本政策金融公庫の活用ガイド』融資・資金繰りインフォメーション