トップページ > 配偶者ビザ > 離婚後の在留資格変更

離婚後の在留資格変更

離婚後の在留資格変更について

日本人と離婚した場合にビザ・在留資格はどうなるのか?という質問をよく受けますが、「定住者ビザ」に変更できる場合があります。

「日本人の配偶者等」のビザを持っている外国人が、日本人と離婚または死別した後、そのまま6ヶ月以上経過して日本に在留している場合は、在留資格が取り消される場合があります。在留資格取消制度といいます。しかし、必ず取消されるというものではなく、6ヶ月経過後はいつ取消されるかわからない状態になるということです。離婚後に在留期間が1年~2年残っていても、できるだけ早く他のビザに変更する手続きを考える必要があります。離婚後は1~2年残っていても、それまで日本にいれる保証はありません。

〈定住者ビザ〉への変更はコチラをご覧ください。 定住者ビザ

無料相談のお申込みフォーム

まずは資料をみたいという方資料請求フォームへ

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0978

ビザ申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

許可を取るためには

ビザ不許可時サポート

比較してみました


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。