トップページ > 配偶者ビザ > 収入の証明書が用意できない場合は?

収入の証明書が用意できない場合は?

収入の証明書が用意できない場合は?

日本人側が現時点で無職である場合に、収入がなく給与証明書を用意できない場合や、1~2年前は無職だった期間があり、あるいは海外に居住していて納税をしていないため役所から、納税証明書や課税証明書を取れない場合もあると思います。その場合でも書類が揃わないからという理由で申請が全くできないということはありません。このようなケースの場合の対応策としては、現在持っている預貯金の残高証明書を提出するか、両親の援助を受けられるようであればその旨を説明していく方法をとります。もちろん、しっかりした給与証明書や納税証明書、課税証明書を提出した場合に比べれば審査は厳しくなりますが、それで許可が出ないということはありません。要は生計を維持できるという説明とその証明が重要であります。

無料相談のお申込みフォーム

まずは資料をみたいという方資料請求フォームへ

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0978

ビザ申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

許可を取るためには

ビザ不許可時サポート

比較してみました


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。