トップページ > 経営管理ビザ > 家族滞在⇒経営管理ビザへの変更

家族滞在⇒経営管理ビザへの変更

家族滞在⇒経営管理ビザへの変更

会社員の外国人の配偶者は「家族滞在」です。そして家族滞在の妻や夫が会社を作ってビジネスを始めるということはよくあります。自分の会社を作って経営をするためには「経営管理」の在留資格に変更する必要があります。家族滞在ビザのまま会社の経営はできません。

当事務所にご依頼いただければ経営管理が不許可になるとは考えられませんが、万が一、家族滞在→経営管理が不許可になっても、家族滞在の方が配偶者と離婚したのでなければ、そのまま家族滞在で継続できます。

もし経営管理ビザの不許可の決定がされた時点で家族滞在の期限が過ぎていたら?大丈夫です。出国準備の「特定活動」になってしまいますが、30日以内に「特定活動→家族滞在」へ変更が可能です。その後、再度経営管理へ再申請してみることになります。

無料相談のお申込みフォーム

まずは資料をみたいという方資料請求フォームへ

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0978

ビザ申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

許可を取るためには

ビザ不許可時サポート

比較してみました


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。