トップページ > 経営管理ビザ > 技能ビザ(調理師)⇒経営管理

技能ビザ(調理師)⇒経営管理

技能ビザ(調理師)⇒経営管理ビザへの変更

現在、調理師として外国料理店に勤務していて独立して自分の外国料理店を経営したいと思っている場合には、技能ビザから経営管理ビザに変更する必要があります。経営管理ビザを取るためには会社設立をし、そして500万円以上を資本金として出資して会社を作り、店舗を借りて、飲食店営業許可を取得すれば経営管理ビザの取得要件は満たします。自分で店舗を借りる以外に、友人から外国料理店を買収した場合でも可能です。また店の規模にもよりますが、最初は1~2名程度でしたら海外から調理師を呼ぶことも可能です。

無料相談のお申込みフォーム

まずは資料をみたいという方資料請求フォームへ

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0978

ビザ申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

許可を取るためには

ビザ不許可時サポート

比較してみました


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。