トップページ > ビザコラム > 日本人と離婚後に定住者ビザを取得して日本に滞在する方法

日本人と離婚後に定住者ビザを取得して日本に滞在する方法

定住者ビザとは?

定住者ビザは、外国籍の人の特別な事情を考慮して、法務大臣がある一定の期間(6カ月〜5年)だけ日本滞在を許可するものです。このビザは、外国籍の人が日本人と離婚した場合などに発行されます。

 

日本人と離婚した外国籍の人は、基本的にすぐ帰国する必要があります。しかし、さまざまな理由により日本に残りたいケースもあるはずです。

 

ただ、誰もが職を持っているわけではなく、就労ビザなどへの切り替えがすぐには難しいケースも多いでしょう。そこで活用できるのが、離婚後も日本に一時的に住める定住者ビザです。

 

定住者ビザには、定住者告示という条件に当てはまる「告示定住者」と、当てはまらない「非告示定住者」があり、離婚の場合は後者に該当します。

定住者ビザの取得条件

非告示定住者が定住者ビザを取得するには、以下に挙げる2つの条件のいずれにも該当する必要があるので見ていきましょう。

1,ひとりでも暮らしを立てられるか

離婚後に定住者ビザを得るには、「独立生計要件」を満たす必要があります。こちらは、「ひとりで生計を立てていけるだけの資産や技能がある」ことを証明するものです。もしも資産や仕事などがなく、日本国内で最低限の生活ができないようであれば、定住者ビザの取得は難しいので注意しましょう。定住者ビザを視野に入れているのなら、離婚する前に職を見つけておくなどの対策が必要です。

2,子どもの有無や婚姻の長さ

日本人配偶者との間に子どもがいるか、あるいは日本人と離婚するまでおよそ3年以上その日本人の配偶者として日本で暮らしていたかのどちらかが該当する場合、定住者ビザの取得条件が満たされます。子供がいる場合は親権を持っていることも大切なポイントです。

定住者ビザは条件を満たしても取得できないことがある

定住者ビザで注意しなければならないのが、独立生計要件と、子どもや婚姻期間のいずれかを満たしていたとしても、必ずビザを得られるわけではない点です。

 

定住者ビザに関しては、これらのほかにも諸々の事情が加味されて決定されます。たとえば、なぜ離婚することになったのか、あるいは結婚生活をきちんと営んでいたのかなども考慮されます。

 

これは、偽装結婚などで不当にビザを取得するのを避けるためです。また、犯罪歴や税金をきちんと支払っていたかなども審査要件に入ります。

定住者ビザ申請で必要な書類

申請要件に該当する外国人は、以下の書類をそろえて居住地および居住予定地の出入国在留管理庁に申請しましょう。まず、日本でビザを申請するためには、必ず該当する申請書と顔写真を用意します。そのほかにも、定住者ビザを申請する場合は、「身分関係を証明する書類」や、「日本にいる間に生計を立てられることを証明する資料や文書、収入証明書」などが必要です。

 

仕事は探してもすぐに見つからないことがあり、また仕事を得たとしても生活していくには収入が低すぎることがあります。日本で暮らしていくには不十分と判断された場合には、ビザが取得できない可能性があるので注意しましょう。

 

仕事については離婚前から条件の良いところを探しておくことが重要です。加えて、日本に住んでいる身元保証人による「身元保証書」も必要です。上記のほかにも、定住者ビザの審査で必要とされると判断された場合には、参考資料として別の書類が必要となる場合があります。

定住者ビザを取得するためのポイント

定住者ビザを取得し、離婚後も日本に住み続けたいのなら、日本に住まなければならない理由をきちんと説明できることが大切です。単に日本が好きだから、友達がいるから、などではなく、権限を持っている法務大臣を納得させる理由を記載する必要があります。たとえば、日本で生まれ育った子どもがいたり、すでに日本に生活基盤があることを説明することができれば説得力が増すでしょう。

無料相談のお申込みフォーム

まずは資料をみたいという方資料請求フォームへ

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

ビザ申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

許可を取るためには

ビザ不許可時サポート

比較してみました

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。