トップページ > ビザコラム > 家族滞在 更新

家族滞在 更新

家族滞在 更新

家族滞在と扶養者の在留資格 家族滞在ビザの在留期間というものは、扶養者の在留期間にあわせて設定されます。当然扶養者が居なければ家族滞在という条件そのものがなくなっていますから、家族滞在で日本にいる人というのは、扶養者との関係はとても深いものとなります。そのため、扶養者の在留期間が3ヶ月ほどしか残っていなければ、家族滞在を新規で取得した場合にも、在留期間は3ヶ月ほどになってしまうのです。

 

できるだけ長期間、家族滞在ビザで日本にいられるようにするためには、扶養者の在留期間が長いうちに手続きを行うことです。 たとえば就労ビザで日本にいる場合には、その有効な期日は1年か3年であるはずです。 そのため、更新手続きによって就労ビザを取得する場合には、いつくらいからそのビザが有効になるのか、大体の日数の予測はできることでしょう。そのタイミングを考慮しながら、同時に家族滞在ビザ取得のためにできることを行っていけばいいのです。

 

家族滞在ビザは期間延長の更新手続きももちろん出来ますから、他のビザ同様に入国管理局へ行って、更新手続きをすることが可能です。その場合は扶養者とほぼ同じタイミングになりますが、扶養者が引き続き日本に住むことができるための在留資格を得られなければ、当然家族滞在もできなくなります。 ですが問題がないという場合には、どちらも最長3年で期間の延長が出来ます。

 

扶養者がいずれ祖国に帰ることを検討していながら、扶養を受けている人が日本に住み続けることを望んでいる場合というのもあるでしょう。 この場合は早い段階で、家族滞在ビザから他のビザへ在留資格の変更を検討しておくことが望ましいといえます。

 

自身が仕事を見つけて働くのならば就労ビザがいいでしょうし、また、日本人との結婚を望んでいるのなら配偶者ビザの取得を考えてみましょう。どちらも手続きは複雑ではありますが、日本に住み続けることを望んでいる場合には欠かせないものになります。 扶養者はもちろん、自分のまわりにいる人たちともよく話し合って、結論を出すといいでしょう。

 

家族滞在 更新

ビザ申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

許可を取るためには

ビザ不許可時サポート

比較してみました

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。