トップページ > ビザコラム > 家族滞在 手続き

家族滞在 手続き

家族滞在 手続き

家族滞在の手続きというものは、何も一人で全てをすすめるわけではありません。もちろん扶養者が率先して手続きを行っていく必要がありますが、配偶者がいればその人と協力して書類を集め、記入していくこととなります。 これらの手続きは一人では困難な事も多いでしょうから、協力者は多いほうがいいでしょう。

 

家族滞在ビザだからといって、家族に該当する人が誰でもその権利を得るわけではなく、あくまでも日本から呼ぼうと考えている人が扶養者となる必要があります。そのため呼び寄せる家族との関係は、扶養の状態であることが欠かせません。

 

たとえば、日本にいる外国人が、扶養によって養っている自分の配偶者や子供が祖国にいる場合には、家族滞在ビザで呼ぶことが出来ます。もちろん、長期間住むことを目的としているわけではなく、あくまでも短期滞在を望んでいるのならば、問題はありません。 観光等の理由により短期滞在ビザを取得することが出来ますから、それによって日本へ来てもらうといいでしょう。

 

また、祖国で結婚後に、配偶者を国に残した状態のままひとりで日本に来ているケースというのもあるはずです。その場合、配偶者を扶養にして日本に呼びたいと考える場合であっても、家族滞在の在留資格によって可能となります。 留学ビザによって日本にきているケースというのも多いかと思いますが、その場合はその扶養にあたる人を養えるだけのお金が必要になります。 就労目的で日本に来ていない場合は、決まった収入もありませんからあらかじめ、かなりお金に余裕がなければ、審査が通りづらくなります。

 

一見簡単そうな手続きにも思えますが、在留資格と取得するということはとても大変なことであり、決して楽に審査が通るわけではないのです。 書類の内容に不安があるようなら行政書士などの専門家に相談してアドバイスを受けてみるようにしましょう。 こういった専門家の事務所は、今は全国にありますからぜひ探してみてください。

 

家族滞在 手続き

ビザ申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

許可を取るためには

ビザ不許可時サポート

比較してみました

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。