トップページ > 就労ビザのQA(よくある質問) > 外国人社員から配偶者や子どもを呼び寄せたいと相談を受けたら?

外国人社員から配偶者や子どもを呼び寄せたいと相談を受けたら?

外国人社員から配偶者や子どもを呼び寄せたいと相談を受けたら?

外国人社員が母国から家族を呼び寄せる時は、一般的には「家族滞在」という在留資格を使って呼び寄せる手続をします。

 

具体的には、日本の入国管理局へ「在留資格認定証明書交付申請」を行い、認定証明書の交付を受けたら、それを母国の家族へ送り、家族が現地の日本領事館へ認定証名所を持って行きビザの発給を受けます。

 

入国管理局への申請にあたっては、当該外国人社員の職業や収入を証明するために会社から発行しなければならない書類がいくつかありますので、会社側の協力も必要になります。

 

家族滞在ビザは、配偶者と子どもに限りますので親や兄弟姉妹は該当しません。家族滞在ビザは就労が原則的にできません。資格外活動許可を受ければ週28時間まで就労可能ですが、家族が知らずに違反して、当該外国人社員のビザ・在留資格にも影響してしまう場合があるので、会社側としても当該外国人社員に家族の就労制限についてはできるだけ説明をしたほうがよいと思います。

無料相談

就労ビザにあたり不安な点があったら、まずは在留資格(ビザ)申請に詳しい行政書士に相談してみることをお勧めします。早期相談が確実なビザ許可のポイントです。

さむらい行政書士法人では、就労ビザ申請についてのご相談を受け付けています。それぞれのお客様の事情に応じた対策を探り、許可までの道筋をご提案いたします。

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0978

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。