資料提出通知書が届いたら

資料提出通知書が届いたら

入国管理局から、在留資格の申請後に「資料提出通知書」が送られてくることがあります。資料提出通知書には、企業側に提出を求めるものや、外国人側に求めるものなど様々です。「え?こんなものまで?」という内容もよくあります。以下個人情報を黒塗りにしてサンプルを提示します。

 

資料提出通知書【サンプル1】

資料提出通知書【サンプル2】

 

これらの書類は「実体」を証明させるものであり、形式的な書類では対応できません。また、かなりプライベートな要素に踏み込んだ書類提出要求もあります。

 

資料提出通知書が届いた場合は、基本路線としては真摯に対応しなければなりません。間違っても無視や、書類の非開示、クレームを入れたところで不許可という結果が待っているだけです。

 

書類提出通知書というのは、入国管理局から事前に公開されている提出資料一覧よりも大幅に増えます。

 

書類提出通知書が来ているというのは、入国管理局が「たとえ本当だとしても」申請内容に対して「本当かな?」と疑問を持っているということになります。つまり偽装していて実体はないのではないか?という疑問を持ったがゆえ、書類をより深く突っ込んで要求しているのです。

 

よって現在入国管理局が持っている疑念を晴らすような証明資料を作成・提出することにより許可を得ることができます。

 

この資料提出要求に対して適切な対応ができないと不許可通知が送られてくることでしょう。

無料相談

就労ビザにあたり不安な点があったら、まずは在留資格(ビザ)申請に詳しい行政書士に相談してみることをお勧めします。早期相談が確実なビザ許可のポイントです。

さむらい行政書士法人では、就労ビザ申請についてのご相談を受け付けています。それぞれのお客様の事情に応じた対策を探り、許可までの道筋をご提案いたします。

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。