トップページ > 企業側が注意するべき点(外国人雇用) > 給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表とは?

給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表とは?

給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表とは?

給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表とは、1月1日から12月31日までの間に「給与等」もしくは「報酬・料金等」を支払った会社がその明細を税務署や市区町村に通知するため企業が作成しなければならない書類です。毎年1月31日までに税務署に提出するものです。

 

「前年分の職員の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表」を外国人社員の就労ビザ申請に添付しなければなりませんが、税理士の先生に顧問でついてもらっている会社様なら税理士の先生に言えば出してくれるはずです。

 

この法定調書合計表に記入されている源泉徴収額でおおよその社員数や企業規模が判別できます。これをもとに企業を4つのカテゴリーに分類され、在留資格申請にあたり必要な書類が変わってきます。

無料相談

就労ビザにあたり不安な点があったら、まずは在留資格(ビザ)申請に詳しい行政書士に相談してみることをお勧めします。早期相談が確実なビザ許可のポイントです。

さむらい行政書士法人では、就労ビザ申請についてのご相談を受け付けています。それぞれのお客様の事情に応じた対策を探り、許可までの道筋をご提案いたします。

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。