トップページ > 企業側が注意するべき点(外国人雇用) > 外国人雇用状況報告の届出義務

外国人雇用状況報告の届出義務

外国人雇用状況報告の届出義務

「外国人雇用状況報告」とは、ハローワークを通じて厚生労働大臣に届け出るものです。この届出はすべての事業主に義務付けられています。

届出事項は、外国人労働者の氏名、在留資格、在留期間などです。外国人を雇用した企業は、期限内に届出をする必要があり、届出義務違反については、30万円以下の罰金となります。

届出対象となる外国人は基本的に全ての外国人労働者となりますが、「特別永住者」「外交」「公用」は除外されています。

外国人正社員
すべての外国人社員が届出の対象です。

外国人アルバイト
留学生アルバイトも届出の対象となります。留学生については資格外活動許可を得ているか確認が必要です。

外国人派遣社員
派遣社員については雇用主は派遣元であり、派遣元に届出義務が発生します。

外国人雇用状況報告の届出方法

外国人雇用状況報告の届出方法は、雇用保険に加入しているか否かで届出方法が変わります。

 

外国人社員が雇用保険の被保険者となる場合
雇用保険の被保険者となる場合は、雇用保険の資格取得届出をすることによって外国人雇用状況報告となります。

・届出事項
氏名、在留資格、在留期間、生年月日、性別、国籍・地域、資格外活動許可の有無、雇入れに係る事業所の名称および所在地

・届出方法
雇用保険被保険者資格取得届の「18.備考欄」に必要事項を記入することで外国人雇用状況の届出とすることができます。

・届出期限
雇用保険の資格取得届と同じ(翌月10日まで)

 

②雇用保険に加入しない場合
雇用保険に加入しない場合は、雇用保険の被保険者取得届をもって外国人雇用状況報告とはできませんので、別途個別に外国人雇用状況報告を届け出る義務が生じます。

・届出事項
氏名、在留資格、在留期間、生年月日、性別、国籍・地域、資格外活動許可の有無、雇入れに係る事業所の名称および所在地

・届出方法
外国人雇用状況届出書を記入し、ハローワークへ届出

・届出期限
雇入れ、離職の場合ともに翌月の末日まで

無料相談

就労ビザにあたり不安な点があったら、まずは在留資格(ビザ)申請に詳しい行政書士に相談してみることをお勧めします。早期相談が確実なビザ許可のポイントです。

さむらい行政書士法人では、就労ビザ申請についてのご相談を受け付けています。それぞれのお客様の事情に応じた対策を探り、許可までの道筋をご提案いたします。

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。