トップページ > 特殊な職種別ポイント > ソムリエとして雇い就労ビザを取る

ソムリエとして雇い就労ビザを取る

ソムリエとして雇う

外国人をソムリエとして雇用する場合に就労の在留資格を取得することができます。海外から招聘することも可能です。ただし、ソムリエであれば何でもよいということはなく、一流のソムリエである必要があります。一流という概念ですが、下記に該当する経験をもつ外国人ソムリエである必要があります。ソムリエは「技能」の在留資格に該当します。

 

ソムリエとして在留資格を取得するための要件

・ぶどう酒(ワイン)の品質の鑑定、評価及び保持並びにぶどう酒の提供に係る技能について5年以上の実務経験があること

上記の要件に加えて、
・世界最優秀ソムリエコンクール等で入賞以上の賞を獲得したことがあること

上記が要件となっております。

 

そして、実際に働く職場においては飲食業になりますが、店舗は大きいか小さいかは問われません。ただし、ソムリエはソムリエとして働くための在留資格ですので、食器洗いや給仕、会計などを担当する従業員は他に確保されていてソムリエはこれらの職務は行うことを予定していないことが必要となります。

無料相談

就労ビザにあたり不安な点があったら、まずは在留資格(ビザ)申請に詳しい行政書士に相談してみることをお勧めします。早期相談が確実なビザ許可のポイントです。

さむらい行政書士法人では、就労ビザ申請についてのご相談を受け付けています。それぞれのお客様の事情に応じた対策を探り、許可までの道筋をご提案いたします。

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0978

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。