トップページ > 特殊な職種別ポイント > スポーツ指導者として招聘し就労ビザを取る

スポーツ指導者として招聘し就労ビザを取る

スポーツ指導者として招聘し就労ビザを取る

スポーツ指導者として外国人を雇用することは可能です。海外から招聘することもできます。スポーツ指導者として在留資格を取得するための要件は、「スポーツの指導に係る技能について3年以上の実務経験」を有していることです。

 

この3年の期間にはスポーツ指導に係る科目を専攻した学生期間を含めることができますし、指導ではなくプロのスポーツ選手として活動していた期間も含めることができます。

 

3年の経験がない外国人でも、オリンピックや世界選手権に出場経験があれば要件を満たせます。

 

スポーツ指導者は「技能」という在留資格を取得することになります。「スポーツの指導」とはアマチュアスポーツの指導でも該当します。

 

注意点としては日本代表やプロスポーツの監督やコーチは「技能」ではなく「興行」の在留資格となることです。「興行」に該当するとなれば取得要件が上記とは異なります。

 

当社での取得実績

・ラフティングの指導者&ガイド(ネパール人)

・気功指導者(中国人)

・社交ダンス指導者(台湾人)

・テニストレーナー(アメリカ人)

無料相談

就労ビザにあたり不安な点があったら、まずは在留資格(ビザ)申請に詳しい行政書士に相談してみることをお勧めします。早期相談が確実なビザ許可のポイントです。

さむらい行政書士法人では、就労ビザ申請についてのご相談を受け付けています。それぞれのお客様の事情に応じた対策を探り、許可までの道筋をご提案いたします。

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。