トップページ > 募集形態別のポイント > 短期滞在で日本に来ていた人を雇用する場合

短期滞在で日本に来ていた人を雇用する場合

短期滞在で日本に来ていた人を雇用する場合

短期滞在(観光)もしくは、査証免除(ノービザ)で日本に来ている外国人が、日本で就職活動をしている場合があります。

 

短期滞在で来日している外国人に採用面接をして、内定を出すのもかまいません。しかしながら短期滞在は就労が「不可」ですので、採用してそのまま働くことはできません。

 

結局のところ、正規の就労系の在留資格を取らなければならないのですが、この場合は「在留資格認定証明書」というものを取得する必要があります。

 

在留資格認定証明書を取るためには、入国管理局に対して「在留資格認定証明書交付申請」をしなければなりません。

 

短期滞在やノービザは就労が不可ですので、正規の在留資格を取るまではくれぐれも就労させないようにお気をつけ下さい。

 

また、採用にあたっては事前に在留資格が取れるのかということを確認するためと、そもそも卒業証明書と成績証明書は入国管理局への添付書類となりますので外国人本人から取得しておいたほうがよいでしょう。

 

在留資格認定証明書は申請してから平均的に審査期間が約1ヶ月程度となります。原則的な手続としては、在留資格認定証明書が出たらそれを持って母国の日本大使館へ提出しビザをもらって再度来日する流れです。

 

ただし、日本に滞在中に在留資格認定証明書の交付が間に合った場合は、一旦帰国することなく、今度は在留資格認定証明書を添付して「在留資格変更許可申請」をすることにより一旦帰らずに正規の在留資格を取得することが可能になります。

無料相談

就労ビザにあたり不安な点があったら、まずは在留資格(ビザ)申請に詳しい行政書士に相談してみることをお勧めします。早期相談が確実なビザ許可のポイントです。

さむらい行政書士法人では、就労ビザ申請についてのご相談を受け付けています。それぞれのお客様の事情に応じた対策を探り、許可までの道筋をご提案いたします。

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。