トップページ > 募集形態別のポイント > 「家族滞在」の在留資格をもつ外国人を正社員として採用する場合

「家族滞在」の在留資格をもつ外国人を正社員として採用する場合

「家族滞在」の在留資格をもつ外国人を正社員として採用する場合

外国人の夫婦が日本に在留していて、一方が会社に勤務し就労の在留資格を得ている場合、一方が働いていない場合は、働いていない方の在留資格は「家族滞在」となります。

 

家族滞在は就労が認められていない在留資格ですが「資格外活動許可」を得ることで週28時間まで就労が可能です。

 

アルバイトとして企業で勤務していた外国人を、正社員として採用したい場合に「家族滞在」から就労の在留資格に変更はできるのでしょうか?

 

この際に考えるべきことは、本人の学歴と職種です。まず、原則的に正社員とはいえレジやホールのような単純作業とみなされる職種は正社員として採用したとしても在留資格は取得できません。

 

本人の学歴が、海外の大学・大学院・短大、または日本の大学・大学院・短大・専門学校の場合で、その専攻が入社する会社の職種と関連性がある場合は、家族滞在→就労への在留資格を変更し取得できる可能性があります。

 

企業様へは本人の卒業証明書と成績証明書をご提示いただければ、御社の事業内容・職種を簡単にヒアリングさせていただいた上で、許可になるかならないかの診断を無料でさせていただくサービスをしておりますのでお気軽にご利用ください。

無料相談

就労ビザにあたり不安な点があったら、まずは在留資格(ビザ)申請に詳しい行政書士に相談してみることをお勧めします。早期相談が確実なビザ許可のポイントです。

さむらい行政書士法人では、就労ビザ申請についてのご相談を受け付けています。それぞれのお客様の事情に応じた対策を探り、許可までの道筋をご提案いたします。

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。