トップページ > 業界別の取得ポイント > 不動産業での外国人を雇用、就労ビザは?

不動産業での外国人を雇用、就労ビザは?

不動産業での外国人就労

 

年々日本に来る外国人が増えるなか、外国人向けに不動産の賃貸仲介、
売買の仲介をする不動産会社も増えてきています。

 

賃貸仲介については留学生や外国人就労者向け、
売買については日本に長期滞在する外国人向け、
投資用として高級分譲にいたってはアジア系富裕層が買うのが増えています。

 

不動産の営業担当や、通訳・翻訳の担当として
外国人社員の就労ビザを取ることは可能です。

 

まず物件の紹介や入居手続き、契約書の作成サポートなどの仕事がメインの場合は、
大学での専攻が経営や経済、法学部の場合のほうが比較的取りやすいと思います。
また外国人顧客への通訳翻訳の仕事の場合は文学部出身でもいける場合が多いと思います。

 

基本的な考え方としては、外国人社員の大学や専門学校での専攻内容が、
会社で従事する仕事内容に十分活かせるかどうかが許可・不許可のポイントですので、
そこを十分検討すれば不動産会社という業種では比較的他の業界よりも外国人に就労ビザが出せるのではないかと思います。

無料相談

就労ビザにあたり不安な点があったら、まずは在留資格(ビザ)申請に詳しい行政書士に相談してみることをお勧めします。早期相談が確実なビザ許可のポイントです。

さむらい行政書士法人では、就労ビザ申請についてのご相談を受け付けています。それぞれのお客様の事情に応じた対策を探り、許可までの道筋をご提案いたします。

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。