トップページ > 「家族滞在」でのアルバイト

「家族滞在」でのアルバイト


「家族滞在」でのアルバイト

「家族滞在」の在留資格を持つ外国人は基本的に仕事はできませんが、「資格外活動許可」を取ればアルバイトが可能になります。しかし、就労時間は週28時間までと制限はあります。

アルバイト先が決まってから資格外活動許可の許可申請を管轄の入国管理局へ提出します。

アルバイトの内容には特に制限はありませんが、

  • 1、法令で禁止されている活動
  • 2、公序良俗に反するおそれのある活動
  • 3、風俗関連営業(キャバクラでの接客も含む)

上記3つの仕事はできません。

「家族滞在」で日本にいる子供もアルバイトは可能です。
高校生とかですね。

そしてこの「家族滞在」の外国人のアルバイトでよく問題になるのは、週28時間を超えての就労とキャバクラ等での接客業です。

実際、生活費を稼ぎたいために28時間を超えて就労する外国人が多いです。

これは入管法違反になるのですが、28時間を超えて就労するのが問題となって発覚するのは在留資格の更新時が多いです。

なぜ28時間を超えて就労していることが発覚するかといえば、

  • 1、納税・課税証明書等で収入額が多すぎる
  • 2、就労先への直接のヒアリング調査、
  • 3、同僚外国人からのチクリ、
  • 4、本人が週28時間以上働いていけないことを知らずに受け答えする

の4つが考えられます。

いずれにせよ、ちょっと時間超えて働いただけで大げさな、、、と思う方もいるかもしれませんが、不法就労という結果になりますので、更新が不許可になる可能性が多いにあります。

またキャバクラ、例えば中国人パブや韓国人パブ、その他外国人が接客営業するような店で働いている場合ですが、こういうお店にはよく警察や入国管理局が立ち入り調査があって摘発を受けています。

摘発された場合は一発で在留資格取消になる可能性が高いでしょう。

当事務所としては28時間を超えてアルバイトしてしまった場合に対応策は考えられますが、「家族滞在」での水商売就労による摘発については残念ながら対処のしようがありません。

無料相談

就労ビザにあたり不安な点があったら、まずは在留資格(ビザ)申請に詳しい行政書士に相談してみることをお勧めします。早期相談が確実なビザ許可のポイントです。

さむらい行政書士法人では、就労ビザ申請についてのご相談を受け付けています。それぞれのお客様の事情に応じた対策を探り、許可までの道筋をご提案いたします。

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0978

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。