トップページ > 就労ビザコラム > 技能ビザの取得~己の実力で名古屋へ

技能ビザの取得~己の実力で名古屋へ

1.技能ビザとは

技能ビザとは、例えば外国料理の調理師や外国特有建築の建築士の方、航空機パイロットの方や宝石毛皮の加工技士の方など、何か特殊な技術を持って日本で働こうと考えている方に対して発行されるビザになります。この技能ビザを取得する上では、その技術を保有している外国人の方を日本に招いて雇用しようとしている企業の方も積極的に動く必要があります。必要な手続きや書類などを知ることで、ビザの取得をスムーズに進めることができます。

2.技能ビザの種類やその要件

技能ビザがカバーしている技能は非常に多岐に亘り、時としては日常生活ではあまり縁のない技術までを網羅している点に特徴があります。まず技能ビザがどのような種類の技術に適用されているのかを見てみましょう。これは日常的なもので言って調理師や建築技術者、動物の調教や航空操縦士のようなありふれた職業に適用されています。このような職業は今日の日本を支える基幹産業とも言え、外国人の方の優れた技術を招致することは非常に重要です。一方で、日常生活ではなかなかお目にかからない職業に対しても技能ビザは適用されており、例えばワイン鑑定士や石油・地熱等発掘調査のような職業にまで及んでいます。このような職業もまた名古屋を代表とする日本においても非常に重要な職業であり、その意味でも技能ビザの取得は非常に重要です。このような主要の技能ビザに対して設けられている条件としては、10年以上の実務経験というポイントがあります。これは一般的な規制というわけではありませんが、多くの技能について適用されているということができます。

3.技能ビザ取得のポイント

技能ビザを取得する上では複数点の注意事項があります。まず第一に申請者の学歴や実務経験と関連性を保有しているという点を挙げることができます。これは、技能と申請者の間に社会的な相関があるということを前提にしているということになります。続いて原則正社員として、会社と雇用契約を結んでいるという点を挙げることができます。会社に雇用されるという大前提があってはじめて技能ビザが外国人の方に発行されるのです。さらに会社の経営状態にも条件が付けられます。これは会社の経営状態に関して安定性が認められ、収益性でも問題がないかが確認されるという点になります。最後のポイントとしては日本人と同等の給与水準が外国人の方に準備されているというポイントになります。このような様々なハードルを突破して後、技能ビザは発行されます。

無料相談のお申込みフォーム

はじめてのお客様専用ダイヤル

名古屋エリア052-446-5087

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。