トップページ > 就労ビザコラム > 技術・人文知識・国際業務ビザの取得~名古屋から世界へ~

技術・人文知識・国際業務ビザの取得~名古屋から世界へ~

1.技術・人文知識・国際業務ビザ

本の主要都市である名古屋には様々な文化的な仕事を求めて多くの外国人の方が渡来することが多くあります。また国家間をつなぐ国際的な業務にも着手しようと名古屋を訪れる方も多いのではないかと考えられます。そのような仕事は「技術・人文知識・国際業務」ということができます。このような分野における具体的な仕事としては貿易業務や通訳者、翻訳家やコピーライター、語学学校教師やファッションデザイナーなどが挙げられます。このような職業では各国の思考や感受性を自身のスキルとして活用するという点に特徴があります。そして外国人の方が名古屋を含む日本においてこのような業務に就く場合、「技術・人文知識・国際業務ビザ」を取得する必要があります。

2.技術・人文知識・国際業務ビザの取得要件

技術・人文知識・国際業務ビザを取得する上では、「人文知識」と「国際業務」のそれぞれについて規約が設定されいる点に注意しましょう。まず「人文知識」についてですが、従事しようと考えている業務について、これに必要な知識を習得するために大学を卒業し、10年以上の実務経験があるという点が基準になります。大学を卒業していなくとも同等水準の教育を受けている場合には資格として認められます。続いて「国際業務」についてですが、2種類の基準が存在します。第一には、翻訳や通訳、語学の指導や広報のような業務に従事すること、そして次には従事しようとする業務に就いて3年以上の実務経験を保有するという点になります。実務経験期間については「人文知識」よりも短いですが、それでも相応の年限を要求される点には変わりありません。そして最後に日本人の給与水準と同等の給与を受ける必要があるというポイントを挙げることができます。

3.技術・人文知識・国際業務ビザを取得する上で必要な書類

人文知識・国際業務ビザを取得する上で必要になる書類としては在留資格認定証明書交付申請書を第一に挙げることができます。その他にも規格に従う写真やパスポート及び在留カードのような付随の書類も準備する必要があります。このように様々な書類を提出してはじめて人文知識・国際業務ビザを取得することができるのです。

4.まとめ

技術人文知識国際業務は国家の別なく名古屋を含むあらゆるフィールドで活用できる技術になります。しかし一方でこの仕事を行うには特殊のビザを取得する必要もあるのです。

無料相談のお申込みフォーム

はじめてのお客様専用ダイヤル

名古屋エリア052-446-5087

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。