トップページ > 就労ビザコラム > 就労ビザの代行を頼む時の注意点

就労ビザの代行を頼む時の注意点

就労ビザの代行を頼む時の注意点

日本で働く外国人は取得しなければならない「就労ビザ」。就労ビザの取得を検討している方の中には、“不安だから専門家に依頼したいな…”という方もいらっしゃるかと思います。しかし、依頼する際にきちんと注意点を抑えなければ期待する結果が得られないこともあります。そこでこの記事では、就労ビザ申請の代行を頼む際の注意点を3つご紹介していきたいと思います。少しでも参考になれば幸いです。

【代行を頼んだ方がいい人】

はじめに、どんな人が代行を頼むべきかお伝えしていきたいと思います。就労ビザの取得は取得要件が最初から確実にクリアできている方にとってはそこまで難しくはないですが、もし下記の項目に該当するのであれば代行を頼むことをおすすめします。

・仕事が忙しい、普段あまり時間に余裕がない方

・審査にマイナスになるかもしれない不安要素がある方

・書類の作成方法が分からない方

これらに一つでも該当するのであれば、一人で申請するのはなかなか厳しくなります。

そのため、お金はかかりますが、得られるリターンを考えて専門家に依頼するのが賢明でしょう。

 

では次に、今回の本題である「代行を頼む際の注意点」をご紹介していきます。

【代行を頼む際に絶対にチェックしてほしい3つの注意点】

依頼する際の注意点は次の3つです。

1.就労ビザの実績があるかどうか

2.親身になってくれるかどうか

3.信頼できる専門家かどうか

1.就労ビザの実績があるかどうか

一番重要なポイントと言っても過言ではありませんが、“就労ビザの実績があるかどうか”はとても重要です。就労ビザはそこまで取得難易度は高くありませんが、やはり実績の少ない専門家に代行を頼むのは不安ですよね。実績があるかどうかはホームページからでも確認できますので、依頼する前に必ず確認しておきましょう。

 

2.親身になってくれるかどうか

2つ目は、“親身になってくれるかどうか”です。就労ビザを取得したい旨を相談したときに親身に話を聞いてくれる専門家であれば、それだけあなたの状況を踏まえた申請ができるということですよね。当然、許可が下りる確率も変わってきます。おそらくほとんどの事務所では無料相談を受け付けているため、格的に依頼する前にまずは一度相談に伺うようにしましょう。

 

3.信頼できる専門家かどうか

2つ目と少し被りますが、“人として信頼できるかどうか”もとても大切な要素です。直感に頼らざるを得ない部分がありますが、一度事務所に伺ったときに「話し方」や「聞き方」などを見ていれば、何となく想像はつくはずです。もちろん実績があることが一番ですが、その上でできれば“この人なら任せられるな”という専門家にお願いすべきでしょう。

【まとめ】

今回は、就労ビザの代行を頼む際の注意点を3つお伝えしていきました。要点だけまとめると、“実績があって人として信頼できる専門家”に代行を頼むのがベストです。これらのポイントを抑えておけば、そこそこ良い専門家に代行を依頼できるかと思います。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

無料相談

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。