トップページ > 就労ビザコラム > 就労ビザの審査では最終学歴が重要です

就労ビザの審査では最終学歴が重要です

就労ビザの種類は何種類?

外国人労働者が就労ビザを取得するためには、「最終学歴」が非常に重要になります。最終学歴があるかどうかで、許可・不許可が決まると言っても過言ではありません。この記事では、就労ビザで満たすべき要件「最終学歴」について分かりやすくお伝えしていきたいと思います。外国人労働者を雇いたい!と考えている方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

【就労ビザを取得するために必要な最終学歴は?】

はじめに、就労ビザを取得する上で必要な最終学歴を確認していきましょう。

下記のいずれかに該当するのであれば、就労ビザを取得することができます。

<関連する科目を専攻し、大学を卒業し、またはこれと同等以上の教育を受けたこと>

・大学院

・大学

・短期大学

<関連する科目を専攻し「本邦」の専修学校の専門課程を修了したこと>

・専門学校(日本のみ)

卒業証書で確認する際は、下記の表記があるかどうかを確かめてください。

・Associate…準学士

・Bachelor…学士

・Master…修士

・Doctor…博士

上記の表記があれば、「学歴」の要件は満たすことができています。

【最終学歴がない場合はどうすればいい?】

とは言え、”最終学歴がない“というケースも少なくないと思います。その場合は、取得分野の職種の「実務経験」で証明する必要があります。就労ビザの要件には下記のように記載されています。

“10年以上の実務経験を有すること”

「最終学歴」がないなら「実務経験」で証明するしかない、ということですね。ここでは“10年以上”と記載されていますが、中にはもっと少ない年数で申請することができるものもあります。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。“最終学歴がすべて”ではありませんが、重要項目の一つであることは十分ご理解いただけたかと思います。もし、雇用したい外国人労働者に最終学歴がない場合は、ぜひ一度行政書士などの専門家に相談することをおすすめします。

無料相談

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。