トップページ > 就労ビザコラム > 就労ビザの取得方法を教えてください

就労ビザの取得方法を教えてください

就労ビザの更新費用の相場はどのくらいですか?

日本に滞在するための「在留資格」。様々な在留資格がありますが、今回はその中の「就労ビザ」にフォーカスして、要件や取得方法などをざっくりとご紹介していきたいと思います。“いつか日本で働きたい!”と考えている方は、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

【就労ビザとはどんなビザ?】

ご存知かと思いますが、はじめに「就労ビザ」とはどんなビザなのかを改めて把握しておきましょう。就労ビザとは、その名のとおり“働くためのビザ”。どんな職種に就くとしても、日本で働く以上は取得しなければならないビザとなっています。

 

そして、就労ビザには分野ごとに「種類」があります。下記をご覧ください。

外交/公用/教授/芸術/宗教/報道/高度専門職/経営・管理/法律・会計事務/医療/研究/教育/技術・人文知識・国際業務/企業内転勤/介護/興行

「就労ビザ」と一言で言ってもこれだけの種類があり、それぞれの活動内容も決まっているのです。

では次に、就労ビザを取得するための要件もチェックしておきましょう。

【就労ビザを取得したい!要件は?】

種類によって細かな違いはありますが、すべてに共通する要件は以下の2つです。

1. 取得予定の分野に関して学歴や十分な経験があること

2. 労働環境が日本人と同等であること

では、一つずつご説明していきたいと思います。

 

1. 取得予定の分野に関して十分な実績・経験があること

言うまでもありませんが、「教授」なり「国際業務」なり「技術」なり、どの分野で就労ビザを取得するとしても、取得予定の分野に関して最低限の“実績”や“経験”があることが求められます。

 

実績や経歴は種類ごとに違いますが、大体「〇年以上の実務経験」「高等教育機関で〇〇に関する分野を専攻していたこと」などが要件となっています。詳細は法務省の公式サイトをご覧ください。

 

2. 労働環境が日本人と同等であること

こちらは、申請者本人というより雇用主が満たすべき要件です。“外国人だから”ということを理由に、不当に給料を下げたり労働環境を日本人と区別している場合、許可が下りることはありません。

以上が、就労ビザの要件です。

【就労ビザ取得の流れ】

要件が分かったところで、ここでは就労ビザ取得の流れをご紹介していきたいと思います。

流れは以下のとおり。

1. 書類の収集・作成

※必要書類は各在留資格によって異なります。

2. 入国管理局へ提出

住居地を管轄する出入国在留管理庁一覧

3. 審査

※およそ1ヵ月程度です。

4. 審査結果の通知

以上が、就労ビザ取得までの流れです。

【まとめ】

今回は、就労ビザの取得方法をざっくりとご紹介していきました。就労ビザには様々な種類があるため、“どの分野で取得できるんだろう?”と悩む方もいらっしゃるかと思います。その場合は、行政書士などの専門家に依頼するのも一つの手ですので、一人で悩まずぜひ色々な手段を活用してみてください。

無料相談

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。