トップページ > 就労ビザコラム > 高度専門職ビザの外国人が転職(所属機関変更・勤務先変更)

高度専門職ビザの外国人が転職(所属機関変更・勤務先変更)


高度専門職ビザの転職に関する基本的知識

在留資格のうちの1つである高度専門職ビザは、在留期間が5年間与えられたり、永住許可のための要件が緩和されたりといったメリットがあります。さまざまな優遇措置がなされるので、外国人にとって魅力的なビザといえるでしょう。しかし高度専門職ビザを持つ人が転職をする場合、気を付けなければならないことがあります。ここでは、転職をする際に押さえておきたいポイントを紹介します。

転職するときは必ず再申請が必要

高度専門職ビザを持つ人が転職する場合、たとえ在留期間がしっかり残っていたとしても再度申請手続きを行わなければいけません。これは他のビザにはない特徴です。

 

たとえば、「技術・人文知識・国際業務」などの一般的なビザを持っている人が転職した場合、勤務先が変更したことだけを申告します。転職先の仕事内容が同じであれば、改めてビザを取る必要はないのです。

 

しかし、高度専門職ビザの場合、きちんと書類をそろえて再度入国管理職に申請をするように決められています。申請をして許可がおりなければ、高度専門職ビザを喪失することになってしまいます。メリットのたくさんある高度専門職ビザですが、転職をする場合には必ず再申請が必要な点は少々手間だといえるでしょう。

高度専門職ビザはポイント制を採用しているため

高度専門職ビザがこのような仕組みになっている理由としては、ビザの取得にポイント制を用いているためです。いくつかの項目があり、それぞれの合計が一定のポイントを満たした場合、ビザの許可がおりるようになっています。

 

しかし、転職によって勤務先が変更になることで、基準のポイントを満たさなくなってしまう可能性があるのです。転職後も基準をクリアし、引き続き高度専門職ビザの対象となるかどうかを確認するためにも、必ず所属機関変更の届出をする必要があります。

 

もし、ポイントが満たされなかった場合には、高度専門職ビザではなく「技術・人文知識・国際業務」などのビザに変更となります。そのため、企業は「有効期限が残っているから大丈夫」と安心しないことが重要です。場合によっては、ビザの種類が変更になる可能性があることを理解しておきましょう。

転職する時は在留資格変更許可申請をする

転職によって勤務先が変更になる場合、在留資格変更許可申請の手続きが必要です。ここでは、必要な書類と届出の方法について紹介します。

 

・必要な書類

手続きに必要な書類の様式は法務省のホームページからダウンロードできるので、それを使用しましょう。種類がいくつかありますが、転職の場合「高度専門職の在留資格変更許可申請書」です。高度専門職ビザの転職は、新規申請と同等に扱われますのでしっかり書類を準備して申請しましょう。

無料相談

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。