トップページ > 就労ビザコラム > 高度専門職1号ロを取得する方法について解説

高度専門職1号ロを取得する方法について解説


高度専門職ビザとは

外国人が日本において、「研究分野」「自然科学・人文科学に関わる仕事」「経営分野」の分野で働く際に発行されるビザです。複数の在留資格にまたがる活動ができたり、他のビザより短期間で永住許可につなげられたりするなど、大きく分けて7つも優遇措置があるため取得希望者が多いビザです。例えば、高度専門職1号ロであれば、本業のシステムエンジニアのかたわら大学などでプログラミングの講義をするなどの活動が資格外活動の許可を得なくても行えます。

高度専門職1号ロとは

高度専門職1号ロとは、2015年4月から新設された高度専門職ビザの一種です。高度専門職ビザは1号と2号に分かれ、1号はさらにイ・ロ・ハの3種に分類されます。

高度専門職1号イロハの違い

高度専門職1号は、取得者が日本で行う活動の分野によってイ・ロ・ハの3種に分類されています。イは研究指導および教育、ロは自然科学または人文科学の知識および技術を要する業務、ハは事業の経営または管理が主な活動です。高度専門職1号ロであれば、システムエンジニアやプログラマー、ソフトウェアエンジニアなどが具体的な職業として挙げられます。

高度専門職ビザ1号と2号の違い

初めて高度専門職ビザを得た人は、全員1号からスタートします。在留期間は5年と最初から長めで、他の就労ビザの多くは1年や3年などからスタートすることを考えると、この時点ですでに有利です。1号を得てから3年が経過したのち、素行の良さなどが認められると高度専門職ビザ2号が得られます。

2号に認められると、就労活動は高度専門職ビザでの分野に加えて、ほとんどの分野での活動が可能です。また、在留期間が無期限となるので、ほぼ永住権と言っても過言ではありません。高度専門職ビザ2号なら、一定以上の年収などの条件があれば親や使用人を日本に呼ぶことも可能です。しかし、子どもも永住権を取得できるなど、永住権にも独自のメリットがあります。通常、永住権を得るには原則10年以上の滞在実績が必要です。しかし、似たような資格が永住権よりも短期間で得られるため、いずれ高度専門職ビザ2号を得ることを目的に1号ロの取得を目指す人も少なくありません。

高度専門職1号ロの取得条件

高度専門職ビザには、「高度専門職ポイント」という概念があります。詳しくは後述しますが、高度専門職1号を取得するためには、この高度専門職ポイント計算表で70ポイント以上の獲得が必要です。また、ポイントの合計が上回っていても、1号ロ取得後の予定年収が300万円以上でなければ申請は認められません。

高度専門職ポイントとは

入国管理局が定めている、高度専門職ビザを得るのにふさわしい外国人かどうかをチェックするポイントです。学歴や職歴、年収などの項目があり、1号イ・ロ・ハごとに細かい項目や当てはまった際に得られるポイント数などが異なります。1号ロの場合、年齢(29歳以下なら15ポイント)や職歴(10年以上なら20ポイント)などでイやハと比べてバランスよくポイントを得られる点が特徴です。また、差別化したいのであれば博士号の取得(30ポイント)や職務に関連する日本の国家資格の保有(1つ5ポイント、上限10ポイント)などが高ポイントとなります。80ポイント以上取得できれば、イ・ロ・ハ共通して高度専門職ビザ1号取得から1年経過後に永住許可申請を行えます。

申請方法

基本的には、他の就労ビザと大差ありません。特徴的な持参物としては、ポイント計算表と各項目に関する立証資料が挙げられます。学校の卒業証書などを用意してください。また、高度専門職ビザを取得できても、6カ月間就業しないと在留資格が剥奪されてしまうので気をつけましょう。

無料相談

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。