トップページ > 就労ビザコラム > 高卒で就労ビザを取るには実務経験だけが頼りです

高卒で就労ビザを取るには実務経験だけが頼りです

“就労ビザを取得して日本で働きたい”という方の中には、様々な事情で“最終学歴が高卒だけど大丈夫かな?”と不安に思う方もいらっしゃるかと思います。現実を突きつけるようで申し訳ありませんが、言うまでもなく就労ビザを取得する上では「学歴」が非常に重要なポイントです。とは言え、高卒の方が就労ビザを諦める必要は全くありません。この記事では、高卒の方が就労ビザを取得する方法について分かりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

【就労ビザの学歴要件を把握しておこう】

はじめに、就労ビザを取得する上での「学歴要件」を把握しておきましょう。

要件は以下のとおりとなっています。

—就労ビザの学歴要件—

<関連する科目を専攻し、大学を卒業し、またはこれと同等以上の教育を受けたこと>

・大学院

・大学

・短期大学

<関連する科目を専攻し「日本の」の専門学校の専門課程を修了したこと>

・専門学校(日本のみ)

上記のとおり、「高卒」はどこにも見当たりませんね。ということはつまり、“高卒の方は学歴には頼ることはできない”ということです。何だか不公平に感じるかもしれませんが、これは仕方のないこととして受け入れる他ありません。

 

では、どうすれば就労ビザを取得することができるのでしょうか?

【学歴がない場合は実務経験で証明できる】

就労ビザの「学歴要件」を満たすことができない場合は、「実務経験(職歴)」で証明する必要があります。法務省の公式サイトには下記のように記載されています。

“10年以上の実務経験を有すること”

※「国際業務」や「人文知識」に係る業務であれば、3年以上の実務経験で認められる場合もあります。

つまり、取得したい分野に係る業務で10年以上の「実務経験(職歴)」があれば、たとえ学歴がなくても就労ビザを取得できるということなのです。ちなみに職歴は、申請者から提出された履歴書の内容(年数・業務内容)から判断されます。この際、「在職証明書」も必要となるので必ず提出するようにしてください。

 

少しでも分からないことがある場合は、行政書士などの専門家に依頼するのも一つの手です。高卒の方の場合、少なからず“学歴がない”というマイナスに働いてしまう要素があるため、できれば専門家に依頼して頂くことをおすすめします。

【まとめ】

今回は、「高卒」の方が就労ビザを取得する場合についてお伝えしていきました。“学歴がすべて”ではありませんが、やはり就労ビザを取得するためには「学歴」はとても大事です。(通常の就職活動でも高卒より大学卒の方が優遇されることがありますよね、それと同じです)とは言え、学歴がないのであれば「実務経験」でもきちんと評価されますので、あまり引けを取らず堂々と申請に臨んでくださいね。

無料相談

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。