トップページ > 就労ビザコラム > 興行ビザ2号の取得ポイントをわかりやすく解説

興行ビザ2号の取得ポイントをわかりやすく解説

興行ビザ2号の取得ポイントをわかりやすく解説

外国人が日本でライブなどの興行を行うには、興行ビザを取得しなくてはいけません。興行ビザには1号から4号までの4種類があります。そのうち、ライブハウスやコンサートホールでの興行で必要とされるのが2号です。招へい元は、ビザの違いを理解したうえで海外の出演者をブッキングしましょう。

2号とほかのビザとの違いとは

まずは、1~4号の特徴を踏まえておくことが大切です。興行の種類や規模によって、申請するべきビザは変わります。

 

1号

飲食を提供するライブやクラブで、1日の報酬50万円以下の興行を打つときに必要なのが1号です。なお、客席は人以下と定められています。

 

2号

飲食を提供しない施設で、1日の報酬50万円以上の公演に出てもらうときは、2号が必要となります。このとき、外国人の滞在期間は15日以内しか認められません。大規模なコンサートやフェスなどは2号に該当します。

 

3号

スポーツや格闘技、ゲーム大会などは3号にあてはまります。音楽や演劇、ダンスや演芸以外の公演と定義していいでしょう。

 

4号

興行以外に有償で芸能活動をするときは4号を申請しなくてはいけません。レコーディングやプロモーション活動などが4号に該当します。

興行ビザ2号を発行するには?

1~4号のいずれも、おおまかな手続きは変わりません。基本的には入国管理局で在留資格認定証明書を申請してから、出演者側にビザ発行を進めてもらいます。ただ、準備する書類などが異なるので気をつけましょう。以下、興行ビザ2号に関する発行の流れです。

 

在留資格認定証明書

まずは招へい元の地域にある入国管理局で、在留資格認定証明書を発行してもらいます。在留資格認定証明書がなくても興行ビザを発行してもらうことは可能であるものの、申請しておいたほうがより速やかです。在留資格認定証明書のためには、申請書のほか、招へい元の履歴書や経歴書も必要です。

また、興行の内容を詳細に記した書面も用意しましょう。招へい元の健全さを証明するため、登記事項証明書や会社概要、決算書のコピーや従業員名簿も求められます。さらに、営業許可や施設の図面も添付しなくてはいけません。日本ではキャバレークラブなどで外国人の不法労働が問題になったので、招へい元の審査基準は厳しくなっています。書類に不備がなく、経営も健全だと判明すれば審査を通り、在留資格認定証明書は発行されます。

 

興行ビザ発行

招へい元は在留資格認定証明書を外国人の母国側に送り、手続きを待ちましょう。ビザ発行手続は現地の日本大使館や総領事館で手続きします。在留資格認定証明書と一緒に申請書や身分証明書などを提出し、3~5日前後で興行ビザ2号を取得できます。

 

来日

興行ビザさえあれば、来日はスムーズに行えるはずです。外国人出演者のパスポートにビザを貼り付け、空港で確認してもらえば日本での興行を許可されます。

興行ビザ2号が該当する外国人

人気バンドやアイドルグループ、演劇などは動員規模が大きいので、興行ビザ2号にあてはまるケースが大半です。また、オーケストラの演奏会なども大きな施設で開催されることが多いので、興行ビザ2号が必要になるでしょう。一方で、音楽や演劇の世界では採算度外視で行われる公演もあります。会場が大きくても、出演者側の報酬が少なければ1号で申請しなくてはいけなくなります。

 

そもそも、興行として収支が成立していない公演は、入国管理局の審査段階で引っかかる恐れも出てきます。たとえば、公演だけでは赤字になるなら、講演会などのイベントを別に行って黒字にするのもひとつの方法でしょう。招へい元として外国人を呼ぶのであれば、確実に興行ビザを申請できるよう、公演内容を突き詰めることが大切です。

無料相談

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。