トップページ > 就労ビザコラム > 技術の就労ビザを取る時のIT資格保持者優遇

技術の就労ビザを取る時のIT資格保持者優遇

技術の就労ビザを取る時のIT資格保持者優遇

日本で働く際に必要な「就労ビザ」。しかし、取得を検討している方の中にも「要件」や「必要書類」についてきちんと把握している方は少ないと思います。そこで今回は、日本で就労ビザを取得するための条件をざっくりとご紹介していきたいと思います。少しでも参考になれば幸いです。

では、IT分野で「就労ビザ」を取得するための要件を見ていきましょう。

【就労ビザを取得するための要件】

では、要件を見ていきましょう。

<就労ビザの要件>

1.従事しようとする業務に必要な知識にかかわる科目を専攻して大学を卒業しているか、同等以上の教育を受けていること。または、従事しようとする業務について10年以上の実務経験を持ち、必要な知識を修得していること。

2.日本人が従事する場合と同等額以上の報酬を受けること。

見た限り、そこまで難しい要件ではありませんよね。大学や専門学校でIT系の科目を履修して卒業していれば就労ビザが取れる可能性は非常に高いです。

 

ちなみに、システムエンジニアやプログラマーなどIT系の技術者の場合は、仮に学歴がなくても、各国で認められている国家資格を取得していれば学歴・経歴は問われません。優遇されている国家資格は下記に列挙いたします。

 

日本

情報処理の促進に関する法律に基づき経済産業大臣が実施する情報処理技術者試験のうち次に掲げるもの

(1) ITストラテジスト試験

(2) システムアーキテクト試験

(3) プロジェクトマネージャ試験

(4) ネットワークスペシャリスト試験

(5) データベーススペシャリスト試験

(6) エンベデッドシステムスペシャリスト試験

(7) ITサービスマネージャ試験

(8) システム監査技術者試験

(9) 応用情報技術者試験

(10) 基本情報技術者試験

(11) 情報セキュリティマネジメント試験

通商産業大臣又は経済産業大臣が実施した情報処理技術者試験で次に掲げるもの

(1) 第一種情報処理技術者認定試験

(2) 第二種情報処理技術者認定試験

(3) 第一種情報処理技術者試験

(4) 第二種情報処理技術者試験

(5) 特種情報処理技術者試験

(6) 情報処理システム監査技術者試験

(7) オンライン情報処理技術者試験

(8) ネットワークスペシャリスト試験

(9) システム運用管理エンジニア試験

(10) プロダクションエンジニア試験

(11) データベーススペシャリスト試験

(12) マイコン応用システムエンジニア試験

(13) システムアナリスト試験

(14) システム監査技術者試験

(15) アプリケーションエンジニア試験

(16) プロジェクトマネージャ試験

(17) 上級システムアドミニストレータ試験

(18) ソフトウェア開発技術者試験

(19) テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

(20) テクニカルエンジニア(データベース)試験

(21) テクニカルエンジニア(システム管理)試験

(22) テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)試験

(23) テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験

(24) 情報セキュリティアドミニストレータ試験

(25) 情報セキュリティスペシャリスト試験

 

中国

中国工業和信息化部教育与考試中心が実施する試験のうち次に掲げるもの

系統分析師(システム・アナリスト)

信息系統項目管理師(インフォメーション・システム・プロジェクト・マネージャ)

系統架構設計師(システム・アーキテクト)

軟件設計師(ソフトウェア設計エンジニア)

網絡工程師(ネットワーク・エンジニア)

数据庫系統工程師(データベース・システム・エンジニア)

程序員(プログラマ)

 

中国信息産業部電子教育中心又は中国工業和信息化部電子教育与考試中心が実施した試験

系統分析員(システム・アナリスト)

高級程序員(ソフトウェア・エンジニア)

系統分析師(システム・アナリスト)

軟件設計師(ソフトウェア設計エンジニア)

網絡工程師(ネットワーク・エンジニア)

数据庫系統工程師(データベース・システム・エンジニア)

程序員(プログラマ)

 

フィリピン

フィリピン国家情報技術標準財団(PhilNITS)が実施する試験のうち次に掲げるもの

基本情報技術者(ファンダメンタル・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験

応用情報技術者(アプライド・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験

フィリピン・日本情報技術標準試験財団(JITSE Phil)が実施した基本情報技術者(ファンダメンタル・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験

 

ベトナム

ベトナム訓練試験センター(VITEC)が実施する試験のうち次に掲げるもの

基本情報技術者(ファンダメンタル・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験

応用情報技術者(アプライド・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験

ベトナム情報技術試験訓練支援センター(VITEC)又はベトナム訓練試験センター(VITEC)が実施した試験

基本情報技術者(ファンダメンタル・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験

ソフトウェア開発技術者(ソフトウェア・デザイン・アンド・ディベロップメント・エンジニア)試験

 

ミャンマー

ミャンマーコンピュータ連盟(MCF)が実施する試験のうち次に掲げるもの

基本情報技術者(ファンダメンタル・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験

応用情報技術者(アプライド・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験

 

台湾

財団法人資訊工業策進会(III)が実施した試験のうち次に掲げるもの

軟体設計専業人員(ソフトウェア・デザイン・アンド・ディベロップメント・IT・エキスパート)試験

網路通訊専業人員(ネットワーク・コミュニケーション・IT・エキスパート)試験

資訊安全管理専業人員(インフォメーション・システム・セキュリティー・IT・エキスパート)試験

 

マレーシア

マルチメディア技術促進本部(METEOR)が実施する基本情報技術者(ファンダメンタル・インフォメーション・テクノロジー・プロフェッショナル)試験

 

タイ

国立科学技術開発庁(NSTDA)が実施する試験のうち次に掲げるもの

基本情報技術者(ファンダメンタル・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験

応用情報技術者(アプライド・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験

国立電子コンピュータ技術センター(NECTEC)が実施した基本情報技術者(ファンダメンタル・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験

 

モンゴル

モンゴル国立ITパーク(NITP)が実施する試験

基本情報技術者(ファンダメンタル・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験

応用情報技術者(アプライド・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験

 

バングラデシュ

バングラデシュコンピュータ評議会(BCC)が実施する試験
]
基本情報技術者(ファンダメンタル・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験

 応用情報技術者(アプライド・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験

 

シンガポール

シンガポールコンピューターソサイエティ(SCS)が認定するサーティファイド・IT・プロジェクト・マネージャ(CITPM)

 

韓国

韓国産業人力公団が認定する資格

 情報処理技師(エンジニア・インフォメーション・プロセシング)

 情報処理産業技師(インダストリアル・エンジニア・インフォメーション・プロセシング)

【そもそも就労ビザとは?】

「就労ビザ」とは、その名のとおり“就労するための在留資格”です。そして、どの分野で働くかによって取得する就労ビザが異なりますので、ザっと確認しておいてください。

<就労ビザの種類>

・教授 (例:大学教授、助教授、助手など)

・芸術 (例:作曲家、作詞家、画家、彫刻家、工芸家、写真家など)

・宗教 (例:僧侶、司教、宣教師等の宗教家など)

・報道 (例:新聞記者、雑誌記者、編集者、報道カメラマン、アナウンサーなど)

・経営・管理 (例:会社社長、役員など)

・法律・会計業務

(例:日本の資格を有する弁護士、司法書士、公認会計士、税理士など)

・医療 (例:日本の資格を有する医師、歯科医師、薬剤師、看護師など)

・研究 (例:研究所等の研究員、調査員など)

・教育 (例:小・中・高校の教員など)

・技術・人文知識・国際業務

・(例:理工系技術者、IT技術者、外国語教師、通訳、デザイナーなど)

・企業内転勤 (例:同一企業の日本支店(本店)に転勤する者など)

・介護 (例:介護福祉士の資格を有する介護士など)

・興行 (例:演奏家、俳優、歌手、ダンサー、スポーツ選手、モデルなど)

・技能 

(例:外国料理の調理師、調教師、パイロット、ソムリエなど)

・特定技能(特定産業分野に属する相当程度の知識または経験を必要とする技能/熟練した技能を要する産業に従事するもの)

・技能実習 (例:海外の子会社等から受け入れる技能実習生、監理団体を通じて受け入れる技能実習生)

このように、ただ一言で「就労ビザ」と言ってもこれだけの種類があるのです。

【まとめ】

今回は、就労ビザの要件をざっくりとご紹介していきました。本文でも申し上げたとおり、就労ビザの取得は本人と企業の要件が揃っていればそこまで難しくありません。ただし、取得予定の分野に関する学歴や経歴が浅いと許可が下りない場合もあります。「就労ビザだから…」と気を抜かず、万全の状態で申請に臨むようにしてくださいね。

無料相談

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。