トップページ > 就労ビザコラム > 外国人スポーツ選手(野球・サッカー・力士)の興行ビザ取得ポイント

外国人スポーツ選手(野球・サッカー・力士)の興行ビザ取得ポイント

外国人スポーツ選手(野球・サッカー・力士)の興行ビザ取得ポイント

日本国内で外国人スポーツ選手が活動し、お金を稼ぐためにはビザを取得しなくてはいけません。スポーツ選手向けのビザにはいくつかの種類があります。長期的に活動するのであれば、「興行ビザ」を申請することが必須です。

外国人スポーツ選手向けのビザとは

大きく分けて、3つのビザが外国人スポーツ選手に用意されています。滞在期間や活動内容によって、申請するべきビザは変わってきます。

 

興行ビザ3号

スポーツで利益をもらうことは興行に該当する行為です。そのため、日本でプロスポーツ団体と契約したり、賞金のある大会に出場したりするには興行ビザ3号が求められます。プロの野球選手やサッカー選手、力士などは興行ビザを取得しなくてはいけません。

 

特定活動ビザ

アマチュアのスポーツ選手向けのビザが特定活動ビザです。実業団などに所属する際には、特定活動ビザを申請します。

 

短期滞在ビザ

日本に短期間だけ滞在し、賞金のない大会に出場するときに必要なビザです。スポーツ大会の中には興行目的でないものも多いため、短期滞在ビザで事足りるケースも少なくありません。

興行ビザ3号の申請方法とは

外国人スポーツ選手が日本で興行に参加し、しっかりと収入を得たいと考えているなら興行ビザ3号で発行手続きを進めることが不可欠です。なお、選手だけでなく外国の監督やコーチなどを日本で雇うときも、彼らが興行ビザを取得する必要があります。

 

・在留資格認定書の発行

外国人スポーツ選手の在留資格認定証明書を発行してもらうために入国管理局に対して申請しなくてはいけません。一般的には、選手が所属する予定のチームや団体が申請を代行します。すでに選手が短期滞在以外のビザで日本に住んでいる場合は、在留資格変更申請を行います。在留資格認定書を発行してもらうには、申請書のほか、団体の登記事項証明書、決算書、従業員名簿、雇用契約書などを提出します。提出先は団体のある地域の入国管理局です。書類内容は細かく審査されるので、遅い場合で発行までに約1カ月はかかります。

 

・興行ビザの申請

在留資格認定書が発行されたら、選手側に原本を送ります。ただ、選手本人が手続きするとは限らないので、場合によってはエージェントなどの代理人とやりとりをしましょう。選手側は本国の日本大使館や総領事館に、在留資格認定書と必要書類を提出して興行ビザ3号を申請します。必要書類の内訳はパスポートや写真、身分証明書や申請書などです。書類がそろっていて、内容にも問題がなければ数日中にビザは発行されます。後は、ビザをパスポートに貼り付けて来日することで、日本国内でのスポーツ興行への参加が認められます。

興行ビザ3号についての注意点

外国人の不法労働が問題になったため、興行ビザの審査は厳しくなっています。スムーズに選手を日本へと呼び寄せるには、申請時の注意点も意識しましょう。たとえば、選手との雇用内容に不審点があると入国管理局の審査に引っかかりやすくなります。

 

また、場合によっては外国人選手がプレーする施設の概要も見られます。施設が興行と呼ぶに値する企画を備えており、スポーツで本当に収益を挙げられるかがチェックされるのです。こうした審査は、不当な目的で外国人を招へいできないようにするために行われています。入国管理局に対しては、スポーツの会場となる施設の図面や概要も提出するようにしましょう。施設の外観や内観が分かる写真も重要です。外国人選手を一刻も早く合流させるには、入国管理局とのやりとりで不備がないようにしましょう。

無料相談

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。