トップページ > 就労ビザコラム > 外国人サッカー選手が取得する就労ビザは何?

外国人サッカー選手が取得する就労ビザは何?

外国人サッカー選手が取得する就労ビザは何?

誰もが一度はなりたいと願う「サッカー選手」というお仕事。サッカー選手の中には、“今は母国でサッカー選手として生計を立てているけれど、いずれ日本で活躍したい”“日本のチームに移籍したのでサッカー選手として日本に滞在したい”という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、サッカー選手として日本に滞在するための就労ビザをご紹介していきたいと思います。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

日本で活躍したい!サッカー選手の就労ビザはなに?

先に結論を言うと、サッカー選手の就労ビザは「興行(こうぎょう)」です。あまりピンっと来ていない方もいらっしゃいますね。興行とは、一言で言い表すと“人を楽しませるお仕事”のことです。スポーツ選手をはじめ、俳優や歌手などがこれに該当します。

 

入国管理局の公式サイトにも以下のように記載されています。

演劇・演芸・演奏・スポ―ツ等の興行に係る活動。またはその他の芸能活動

ちなみに、「興行」の在留期間は15日・3ヵ月・6ヵ月・1年・3年となっています。

「興行」の就労ビザを取得するために必要な書類一覧

サッカー選手の就労ビザについてざっくりと把握できたところで、次は「興行」の就労ビザの取得に必要な書類を見ていきましょう。必要書類は次のようになっています。

<興行ビザに必要な書類>

1. 就労ビザ認定証明書交付申請書

2. 写真(縦4cm×横3cm)

※申請前3ヵ月以内に撮影されたもの。

3. 返信用封筒

※定形封筒に宛先を明記の上、送料分の切手(簡易書留用)を貼付したもの

4. 申請人の経歴書及び活動に係る経歴を証する文書

5. 招へい機関の概要を明らかにする次の資料

・登記事項証明書

・直近の決算書(損益計算書・貸借対照表など)の写し

・従業員名簿

6. 興行を行う施設の概要を明らかにする資料

・営業許可書の写し

・施設の図面

・施設の写真

・従業員名簿

・登記事項証明書

・直近の決算書(損益計算書・貸借対照表など)の写し

7. 招へい機関が興行を請け負っているときは,請負契約書の写し

8. 次のいずれかで、申請人の日本での具体的な活動の内容・期間・地位・報酬を証明する文書

・雇用契約書の写し

・出演承諾書の写し

9. その他参考となる資料

滞在日程表・興行日程表・興行内容を知らせる広告・チラシ等

10. 身分を証する文書(会社の身分証明書等)

※日本で発行される書類についてはすべて、発行日より3ヵ月以内のものを提出

まとめ

今回はサッカー選手の就労ビザについてご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。あまり聞き馴染みのない言葉だったかもしれませんが、「興行」という就労ビザを取得すれば、サッカー選手として日本に滞在できるようになります。ただし、ビザの申請は決して簡単ではありません。そのため、「興行」の就労ビザを取得しようと考えている方は行政書士などの専門家に相談することをおすすめします。

無料相談

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。