トップページ > 就労ビザコラム > 海外アーティストの興行ビザ取得ポイントをわかりやすく解説

海外アーティストの興行ビザ取得ポイントをわかりやすく解説

海外アーティストの興行ビザ取得ポイントをわかりやすく解説

海外アーティストを招へいする際には興行ビザが必要

エンターテイメントビジネスの発展により、現代では海外アーティストを日本に招いてイベントなどを行う機会も増えてきました。

 

中には、自社でも初めて海外アーティストを呼ぶことになり、自分がその担当になったという人もいるのではないでしょうか。

 

その際に、気をつけなくてはならないのが興行ビザの存在です。興行ビザは海外アーティストが日本で活動をする際に必要になるものです。

 

パスポートとは異なり、取得の手続きは最初に日本側で行う必要があります。ちなみに、通常の観光客のように短期滞在の手続で入国をして興行を行うのは違法行為です。

 

発覚するとそのアーティストは不法就労となり、招へいした企業も不法就労助長罪に問われることになります。

 

興行ビザの種類

興行ビザは興行の内容によって1~4号の4種類に分類されます。取得手続きを行う際には、興行内容がその中のどれに当てはまるかを申告する必要があります。

 

まず1号は、「営利法人が運営する定員100人未満の小規模施設」で行われる興行です。他にもライブレストラン、バー、キャバレー、クラブといった飲食を提供する施設での1日50万円以下の報酬で行われる興行も1号に分類されます。

 

それに対して2号は、定員100名以上で飲食物を提供しない施設での興行、あるいは報酬が1日50万円以上で滞在期間が15日以内といった具合に、比較的規模が大きい短期の公演を指します。コンサートやイベント、フェスなどがその典型例です。

 

3号は演劇、演芸、歌謡、舞踊あるいは演奏以外の興行を指し、代表的なものとしてはプロスポーツの試合、格闘技イベント、サーカスの公演、プロゲーム大会などが挙げられます。

 

4号はレコーディングや撮影、プロモーションといった具合に、有償での興行以外の目的で来日した場合を指します。

興行ビザ取得の流れ

興行ビザを取得し、海外アーティストがそれを用いて来日するには以下の3つの手順を踏む必要があります。

 

① 在留資格認定証明書の申請

まず、興行の主催者側が最寄りの出入国在留管理局に赴き、興行ビザの種類を指定したうえで必要書類と一緒に在留資格認定証明書交付申請書を提出します。

提出された書類に基づいて審査が行われ、問題がなければ在留資格認定証明書が発行されます。ちなみに、出入国在留管理局が書類を受理してから在留資格認定証明書が発行されるまでの期間は、初めての来日の場合は1カ月程度で、過去に来日実績がある場合は2週間~1カ月程度というのが一応の目安です。

ただ、書類に不備があったり、興行内容などに関して問題が指摘されたりした場合は修正のうえで再提出となり、在留資格認定証明書発行までに2カ月以上要するということも考えられます。しかも、この証明書があればすぐに来日が許されるというわけではありません。これは興行ビザ発行のための事前審査にすぎないのです。

 

② ビザの申請

発行された在留資格認定証明書の原本を海外にいるアーティストの元に送り、その国の日本大使館あるいは総領事館で興行ビザ発行の申請をしてもらいます。申請の際には、在留資格認定証明書の他に、パスポートや写真、身分証明書などが必要となります。ビザの申請内容に問題がなければ、本人のパスポートに「興行」と書かれたシールを貼ってもらうことになります。このシールが貼られた時点で、ビザに関する手続きは完了です。

ビザの申請から発行までの期間は国によっても異なりますが、大体2~5業務日程度です。したがって、日本側でスケジュールを組む際には、在留資格認定証明書を海外に送るのに要する日数や海外のビザ申請に必要な期間などを十分考慮する必要があります。

 

③ アーティスト来日

海外アーティストは興行シールを貼ったパスポートを携帯して日本に向かいます。ただし、麻薬違反歴や犯罪歴などの上陸拒否事由があると、空港で上陸を拒否される場合があるので注意が必要です。

また、ビザにはあらかじめ在留期限が定められており、その期間は15日、3カ月、6カ月、1年、3年のいずれかになります。もし何らかの理由で日本での滞在日数が伸びる場合は、在留期間満了の2カ月前から満了日の間に在留資格更新許可の手続きをする必要があります。

無料相談

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。