トップページ > 就労ビザコラム > 運転手として働くための就労ビザはある?

運転手として働くための就労ビザはある?

運転手として働くための就労ビザはある?

人手不足が深刻な「タクシー業界」。以前までは、タクシーの運転手として取得できる就労ビザはなかったのですが、2019年5月末に「N1特定活動」が新設されたことにより、外国人労働者がタクシーの運転手として働くことができるようになりました。この記事では、新設された「特定活動」について分かりやすくお伝えしていきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

【在留資格・特定活動とは?】

「N1特定活動」とは、留学生として得た日本語能力(日本語能力検定1級)を活かすことを要件として、幅広い業務に従事する活動を認める在留資格です。

 

では、「N1特定活動」を取得するための要件なども見ていきましょう。

<学歴>

日本の4年制大学・または大学院の修了に限られます。短期大学や専修学校・外国の大学・大学院の修了は対象になりません。

<日本語能力>

・日本語能力試験N1・BJTビジネス日本語能力テストで480点以上を有する方

・大学・大学院において「日本語」を専攻して大学を卒業した方

・外国の大学・大学院において日本語を専攻した方

※この場合は、併せて日本の大学・大学院を卒業・修了している必要があります。

<雇用について>

日本人と同等額以上の報酬を得ること。

なかなか要件は厳しいですが、「学歴」と「日本語能力」の両方の要件を満たさなければ「特定活動」は取得できないということなのです。

★翻訳・通訳の業務に携わったとしても運転手なら「技術・人文知識・国際業務」の在留資格の取得は難しい

タクシーの運転手が取得できる在留資格は「N1特定活動」とお伝えしました。観光地で運転手が「翻訳・通訳」のお仕事に携わるのであれば、「技術・人文知識・国際業務」の分野で就労ビザを取得できるのではないか?という質問を受けることがありますが、現実的には非常に難しいです。

例)通訳を兼ねた観光案内を行うタクシードライバーとして働く場合

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、新しい在留資格「特定活動」の概要や要件をざっくりと解説していきました。特定活動では、今回の「タクシー運転手」のような、従来の就労ビザだけでは賄いきれない業種で働くことができます。今まで“就労ビザは取れないんだ…”と諦めていた方も、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

無料相談

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。