トップページ > 就労ビザコラム > ライブハウスに外国人バンドを招聘する時の興行ビザについて解説

ライブハウスに外国人バンドを招聘する時の興行ビザについて解説

ライブハウスに外国人バンドを招聘する時の興行ビザについて解説

外国人バンドが来日し、ライブハウスなどで公演を行うことは珍しくありません。ただし、ライブは立派な「興行」にあたるイベントです。

外国人が興行をする以上、「興行ビザ」を手続きしなくてはいけません。ライブハウス側の主導で手続きを任せられることも多いので、興行主なら正しい手順を知っておきましょう。

ビザの種類に合わせて在留資格認定証明書を申請

まず、興行ビザには1~4号の4種類があります。このうち、ライブハウスに外国人バンドを招へいするケースでは、1号か2号で手続きをするケースが大半でしょう。

 

1号は、1日50万以下のギャラを支払っている公演や、客席定員100人未満のライブハウスにあてはまります。

 

また、2号は客席100人以上の飲食を提供していない施設で、50万以上のギャラが発生しているときに取得しなくてはいけません。15日以上の滞在を行う際も、2号で手続きをします。なお、興行以外に撮影やプロモーションといった有償活動をバンドが行うケースでは、4号が求められます。

 

取得するべきビザが判明したら、法務省出入国在留管理庁(各地方出入国在留管理局)の窓口に向かいましょう。そこで在留資格認定証明書を発行してもらわないとビザ申請は非常に手間取ります。

 

ライブハウスのある地域の入国管理局に在留資格認定証明書交付申請書を必要書類とともに提出すれば、審査が開始されます。書類に不備がなく、興行が健全であると認められたなら難なく在留資格認定証明書は発行されるでしょう。

外国人バンド側にやってもらうこととは

在留資格認定証明書が届いたら、原本をバンド側に送付します。そして、原本をその国の日本大使館か総領事館に提出して、ビザを発行してもらいましょう。在留資格認定証明書のほか、パスポートや写真、身分証明書などが申請には必要です。

 

多くのバンドは、レーベルで雇用している代理人が手続きを代行しています。専門家が手続きを進めてくれるので、在留資格認定証明書さえあれば、ビザ発行自体はスムーズに進んでいくでしょう。ビザの発行は申請日から数日で完了します。

 

興行ビザが無事発行されれば、後はパスポートにビザを貼り付けて来日してもらうだけです。ただし、バンドメンバーが過去に犯罪事件を起こしている場合などは空港で上陸拒否されてしまう恐れがあります。

 

バンドを招へいするにあたっては、彼らの経歴までしっかり調べておくのが安全です。またビザ発行の審査では、来日目的となる公演の日程、内容なども基準に含まれます。詳細が決まっていない状態でビザを発行してもらおうとしても審査に通らない恐れが出てきます。公演内容を固めてから、バンド側とコンタクトを取るようにしましょう。

興行ビザ発行に関する注意点

外国人バンドの興行ビザ発行では、公演に関するあらゆる書類を用意しておくことが大切です。キャバレークラブなどで外国人が不法労働(接待接客)を行っていた問題などで、招へいのハードルは年々高くなっています。

 

ライブハウスそのものの規格や規模も、ビザ審査で見られていることがあります。自己判断で「この情報はいらないだろう」と考えず、少しでも関連のある書類はバンド側に送付しましょう。

 

そして、バンド側が行うビザ発行は速やかに進むとしても、在留資格認定証明書の発行には時間がかかる傾向があります。遅いときには、1カ月以上も審査を待たなくてはいけませんし、そのうえで書類の再提出を求められる場合もありえます。

 

入国管理局も基本的には公演期日を配慮して審査をしてくれますが、だからといって書類の不備を見逃してくれるわけではありません。特に、初めて招へい元となるライブハウスが在留資格認定証明書を申請するときには、入国管理局の対応はいっそう厳しくなります。呼びたいバンドを確実に呼ぶためにも、入国管理局とのやりとりは慎重に行いましょう。

無料相談

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。