トップページ > 就労ビザコラム > モデルとして働く就労ビザは?

モデルとして働く就労ビザは?

モデルとして働く就労ビザは?

ファッションショーやイベントなど、華やかなイメージのある「モデル」というお仕事。この記事を読んでいる方の中には、“将来日本でモデルとして活躍したい!”と思っている方もいらっしゃいますよね。しかしここで迷うのが、“どの在留資格を取得すればいいのか?”ということ。そこで今回は、外国人モデルの方が日本で働くために取得できる在留資格についてお伝えしていきたいと思います。ぜひ、参考にしてみてください。

モデルとして働く就労ビザは?

先に結論を言うと、日本でモデルとしてはたくためには「興行」という就労ビザを取得する必要があります。“興行”と聞いてピンと来る人は少ないかと思いますが、要は“人を楽しませるお仕事”です。ドラマに出演する俳優さんやスポーツ選手など、人々の娯楽のためにあるお仕事というとイメージがつきやすいでしょうか。

ちなみに、入国管理局の公式サイトには、下記のような職業が例として挙げられています。

・モデル

・俳優

・歌手

・ダンサー

・プロスポーツ選手

※他にも色々あります。

「興行」の就労ビザを取得するための要件

取得するべき在留資格が分かったところで、次は取得するための要件を把握しておきましょう。モデルとしての「興行」では、下記の要件を満たす必要があります。

<要件>

・大学などの教育機関において、モデル活動に関する科目を2年以上専攻していること

・海外でモデルとしての経験が2年以上あること

上記が要件となっています。

※また、モデルを雇う側(日本企業)も、「安定した収益があること」などの要件を満たさなければなりません。

そして、これらを証明するために提出すべき書類は下記のとおりです。

<必要書類一覧>

・在留資格認定証明書交付申請書

・写真(縦4cm×横3cm)

※申請前3ヵ月以内に撮影されたもの。

・返信用封筒(宛先を明記の上、送料分の切手を貼付したもの)

・申請人の経歴書及び活動に係る経歴を証する文書

 

—契約機関に係る資料—

・登記事項証明書

・直近の決算書(損益計算書・貸借対照表など)

・その他契約機関の概要を明らかにする資料

 

—興行を行う施設の概要を明らかにする資料—

・営業許可書の写し

・施設の図面(間取りなどが記載されているもの)

・施設の写真(客席,控室,外観など)

・興行に係る契約書の写し

・申請人の日本での具体的な活動の内容・期間・報酬を証する文書

 

—出演施設を運営する機関の次に掲げる資料—

・登記事項証明書

・直近の決算書(損益計算書・貸借対照表など)の写し

・その他運営機関の概要を明らかにする資料

 

・身分を証する文書

なかなか書類の数が多いですが、これらを提出してはじめて「就労ビザ(興行)」を取得することができます。

まとめ

今回は、モデルとして日本で働くための就労ビザをご紹介していきました。重要なことなのでもう一度言いますが、取得するべき在留資格は「興行」です。“モデルとして日本で働きたい!”という方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

無料相談

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。