トップページ > 就労ビザコラム > 就労ビザ申請ではマイナンバーが記載された住民票は受付られません

就労ビザ申請ではマイナンバーが記載された住民票は受付られません

就労ビザ申請ではマイナンバーが記載された住民票は受付られません

就労ビザの申請では、「住民票」を提出する方もいらっしゃるかと思います。その際は、“マイナンバー記載なしの住民票を提出しなければならない理由”などをお伝えしていきたいと思います。少しでも参考になれば幸いです。

“マイナンバーって何?”という方は、こちらをご覧ください。↓↓

<マイナンバーとは>

“個人番号(こじんばんごう)とは、日本に於いて「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」に基づき、個人の識別番号として各市町村または特別区からその住民に指定される12桁の番号である。通称は「マイナンバー(英: My Number)」。なお、法人や団体などには、個人番号の代わりに同じ根拠法で法人番号が指定される。”

引用元:wikipedia

【マイナンバーが記載された住民票はなぜダメなの?】

“マイナンバーが記載されていた方が親切じゃないか!”と思うかもしれませんが、実は出入国管理の分野はマイナンバーの利用が可能な行政手続きの対象外となっているのです。その関係上、出入国管理局ではマイナンバーが記載されている書類の収集や保管ができません。そのため、マイナンバー記載の住民票は“受け付けない”ということなのです。

 

普通に申し込めば、住民票を発行する際にマイナンバーが記載されることはありません。そこまで注意しなくてもいいですが、念のため頭の片隅に置いておくようにしてください。

 

ちなみに、マイナンバーカードでできることは下記のとおりとなっています。

・身分証明書としての利用

・行政関係の手続きのオンライン申請

・年金や保険・確定申告などの手続き

・生活保護・児童手当の給付

・インターネットバンキングなどのオンライン取引

・各種証明書の取得(コンビニで可能)

→ 所得証明書や課税証明書など

【まとめ】

何だか意外な気もしますが、就労ビザの申請において“マイナンバーが記載された住民票はNG”です。必要書類や注意点をしっかり確認して申請に臨んでくださいね。

無料相談

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。