トップページ > 就労ビザコラム > 健康保険に入らないと就労ビザは取得できない?

健康保険に入らないと就労ビザは取得できない?

健康保険に入らないと就労ビザは取得できない?

日本人労働者であれば必ず入っている「健康保険」。では、外国人労働者の場合、健康保険に入らないと就労ビザを取得することはできないのでしょうか?そこで今回は、就労ビザの健康保険について分かりやすく解説していきたいと思います。少しでも参考にしていただければ幸いです。

【入管法上就労ビザの要件ではないが、重要な判断要素である】

結論から申し上げますと、入管法上健康保険の加入は就労ビザの取得要件ではありません。ただし、日本に中長期滞在する外国人の方は、国民健康保険への加入の義務がありますので、就労ビザの審査上重要な判断要素になります。通常勤務先で健康保険に加入している方がほとんどだと考えられますが、仮に会社で健康保険に加入されていない場合は、市(区)役所にて国民健康保険に加入することになります。勤務先で健康保険に加入する場合は勤務先が加入の手続きをしますが、国民健康保険に加入する場合はご自身で手続きをしなければなりません。具体的に言うと、下記の項目に一つも該当しない外国人が国民健康保険に加入しなければなりません。

<国民健康保険に加入できないケース>

  • 不法滞在など、在留資格のない方
  • 在留資格が「短期滞在」の方
  • 在留資格が「外交」の方
  • 在留資格が「特定活動」の方のうち、“医療を受ける活動”または“その方の日常の世話をする活動”の方
  • 在留資格が「特定活動」の方のうち、“観光、保養その他これらに類似する活動を行う18歳以上の方”または“その方と同行する配偶者”
  • 在留期間が3か月以下の方(注)

※在留期間が3か月以下でも、在留資格が「興行」、「技能実習」、「家族滞在」、「公用」等の場合で、資料により3か月を超えて滞在すると認められる方は、加入できます。

  • 日本と医療保険を含む社会保障協定を結んでいる国の方で、本国政府から社会保険加入証明書(適用証明書)の交付を受けている方
  • 職場の健康保険に加入している方とその扶養者
  • 75歳以上の方(後期高齢者医療制度の対象となります)

生活保護を受けている方

就労ビザを取得して日本で働く場合で、勤務先の健康保険に加入していない場合は、国民健康保険に加入することとなるので、次項では国民健康保険への加入手続きについてお伝えしていきたいと思います。

【国民健康保険へ加入する手続きの流れ】

では、さっそく見ていきましょう。流れは以下のとおりとなっています。

※市区町村によって多少異なるため、手続きをする際は再度お住いの市区町村の公式サイトを確認するようにしてください。

国民健康保険加入手続き

1. お住まいの住居地の市・区役所に出向く

2. 各市・区役所指定の窓口にて加入手続きを行う

<必要なもの>

・在留カード

・パスポート

・マイナンバーカード

<受付時間>

市・区役所にもよりますが、おそらく平日9時~17時頃に設定されていると思います。

以上で、国民健康保険の加入手続きは完了です。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。今回は、就労ビザの健康保険についてお伝えしていきました。本文でもお伝えしたとおり、就労ビザを取得する場合、国民健康保険への加入は「義務」となっています。しっかり恩恵を受けるためにも、必ず手続きをするようにしてください。

無料相談

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。