トップページ > 就労ビザコラム > 在留資格【技能】とは何ですか?

在留資格【技能】とは何ですか?

在留資格【技能】とは何ですか?

熟練した技能が必要な在留資格、「技能」。名前は聞いたことがあるけれど、中身はイマイチ分かっていない…という方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回は、「在留資格・技能」の概要から取得方法まで分かりやすく解説していきたいと思います。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

もっと知りたい!在留資格・技能とは?

冒頭で少しお伝えしましたが、「在留資格・技能」とは、特殊な分野において熟練した技能を持つ外国人に与えられる在留資格です。法務省の公式サイトでは以下のように記載されています。

「本邦の公私の機関との契約に基づいて行う産業上の特殊な分野に属する熟練した技能を要する業務に従事する活動」

引用元:法務省の公式サイト

あまりピンっと来ていない方のために具体的な職業で表すと、「外国料理の調理師」・「スポーツ指導者」・「航空機の操縦者」・「貴金属等の加工職人」などがこの在留資格に該当します。

在留資格・技能を取得するためには?

ではここからは、「技能」の在留資格を取得するための必要書類をざっとご紹介していきたいと思います。

<必要書類一覧>

—調理師としての活動を行う場合—

(カテゴリー1~4共通)

・在留資格認定証明書交付申請書

・写真(4cm×3cm)

・返信用封筒

・どのカテゴリーに属するのかを証明する文書

・従事する業務の内容を証明する文書

・履歴書

(カテゴリー3・4共通)

・職歴を証明する文書

タイ人…タイ料理人として5年以上の実務経験があることを証明する文書

タイ人以外…在職証明書

・活動の内容等を明らかにする資料

・事業内容を明らかにする資料

※登記事項証明書など

・直近年度の決算文書の写し

(カテゴリー4のみ)

・新規事業の場合:事業計画書

—調理師以外の活動(産業の特殊分野)を行う場合—

(カテゴリー1~4共通)

・在留資格認定証明書交付申請書

・写真(4cm×3cm)

・返信用封筒

・どのカテゴリーに属するのかを証明する文書

・従事する業務の内容を証明する文書

・履歴書

(カテゴリー3・4共通)

・職歴を証明する文書

パイロット…1,000時間以上の飛行経歴を証明する所属機関の文書

スポーツ指導者…スポーツ指導に関わる業務に従事していたことを証明する文書

ソムリエ…在職証明書

・活動の内容等を明らかにする資料

・事業内容を明らかにする資料

※登記事項証明書など

・直近年度の決算文書の写し

(カテゴリー4のみ)

・新規事業の場合:事業計画書

上記のとおり、同じ「技能」でも職種によって求められている書類が異なるため、必ず確認しておいてください。詳細はこちらから確認

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、「在留資格・技能」についてざっとご紹介していきましたが、ボヤッとしていたものが何となくクリアになってきたのではないでしょうか。やはり、特殊な分野なだけに求められる技術はとても高いですが、もし精通している分野があるのではあればチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

無料相談

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格一覧表

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。