トップページ > お客様の声 > ウクライナ人の奥様との国際結婚で配偶者ビザ取得の事例:お客様の声

ウクライナ人の奥様との国際結婚で配偶者ビザ取得の事例:お客様の声

東京都在住の倉本様は、ウクライナ出身の奥様のビザ発給に関して、さむらい行政書士法人に依頼されました。お二人が出会った経緯やビザの手続きなどについて、お話を伺いました。

入国日 

2018年11月頃

入籍日

2019年10月29日

問い合わせ日

2019年9月6日

無料相談日

2019年11月6日

許可日

2019年12月19日

学生ビザから配偶者ビザへ切り替え

今回、さむらい行政書士法人に、なにを依頼しましたか

彼女は学生ビザで滞在していましたが、結婚を機に配偶者ビザが必要になり、その代行を依頼しました。

他の行政書士は検討しましたか?

いや、ちょいちょい見ましたよ、何社か。店舗が多いですし、手広くやっているということで、自信をもってやってるんだなと伝わったのでそこに依頼しました。って感じですかね。行政書士の知り合いがいますが、ビザに特化しているわけではありません。だからそれ専門に頼んだ方が間違いないだろうと。スピードも早いだろうっていうところですかね。

さむらい行政書士を選んだ理由は?

「さむらい」を選んだ理由は一番初め訪問した時に、事務所が新宿、上野と幅広くいろいろやってらっしゃったのと、一番最初にプレゼンしてくれたので、どういうものが必要で、どういう流れで、お金に対する費用の面も結構キッチリと説明してくれましたし、費用はいくらなんですか?とか聞くとすぐに返答が来て、金額面で自信がなければすぐ返答が来ないですし、話がトントンとスムーズだったものですから、迷わずここにしようっていう形で決めました。

返金制度は、素晴らしいシステム

返金制度は非常に安心ですよね。「ダメなら、全額返金します」と、無料相談の冒頭に先生から言われましたもん。素晴らしいシステムだなと思いました。

しかも先生も最初の段階で判断してくださるので。どれぐらい働いてますか? なんの仕事をしていますか? 年収どれぐらいありますか? 貯金はどれぐらいありますか? とか。そういう問診をしてくれますし、一番最初に会った時に先生が判断基準の材料を集めてくれるので。そしたら、もう全然大丈夫ですよってその一言だったんです。普通に笑顔で言われたので、全然問題ないですねって。お互い意思が決まってタイミングが合えばいつでも声かけてくださいねって感じですから。

それは良いですね。安心しますよね。やっぱり聞くとお仕事だったり、収入だったりは大きいみたいですね。

判断基準がハッキリ分かるので、自分自身も先生も。そうですね、判断基準がすごく分かりやすい。それで、例えば貯金がない方とか、例えば収入が少ない方とか、環境や状況はみんな違うので、例えばビザが十か月後に切れるとかいろいろあると思うんですけど、先生が言ってくださったんですよ。年収が少なくても、貯金があれば大丈夫です、とか。貯金がなくても年収がこれだけあれば大丈夫ですよ、とか。すごく適切なことを言ってくれるんです。それに向けての今すぐ申請しようじゃなくても、少なくともそれに向けての準備はできますよね。だから、甘くないんだなっていう、誰でもビザを取れるわけじゃないんだなって。だから少なくとも相手に対しても、自分に対しても判断材料になりますよね。知らないで進むっていうのが一番怖いので。

相談するだけでも価値はある

いま、配偶者ビザで悩んでいる方へアドバイスを

ビザに悩んでる人へのアドバイスって感じですか? 目的ですかね。結婚ビザ、留学、いろいろあると思いますけど、依頼する・しないは置いておいて、まずは迅速に相談するだけでも。お金もかからないですし、相談することのデメリットってないと思うんですよ。なので相談して、自分が良いイメージですかね、将来の方向性に歩き始めそうだ、自分ができそうだなと思えば頼めばいいし。でも間違いなく頼むと安心できるし先生が背中を押してくれます。強引なセールスもないですし、あくまでも提案なので。

私も最初そうだったんですけど、行政書士の先生に相談すると勧められるんじゃないかとか、強制的にとか、そういう不安を持っている人は結構多いと思うんですよ、お客様的には。でも行くと全然そんなことなくて、すごい丁寧にこういう流れでこういうコースでって、結構親身に何を悩んでいるんですかって聞いてくださって適切なアドバイスをくださるので……私はその場ですぐにじゃあ先生お願いしますって言いましたけど、先生もまだ時間があるので一回持ち帰って、奥さんと考えたり家族で会議したりしてから返事貰っても構いませんよって言ってくださったんですね。なので、えっ!?って思って。僕はもう先生がすごく親切で適切で、すごく安心できるのでお願いしたいですって言ったんですけど、逆にそういうふうに言ってくださる環境なので、間違いなく相談して損はないと思います。

先のことはまだわからない。まずは、家族になりたい

今後の夢や目標は?

日本に住み続ける……彼女は日本が好きで日本に来たので、僕が日本に住むのは日本人にとって当たり前のことですけど……僕的には日本人が日本人として日本に住み続けるのを当たり前って思ってないんですよね。逆に日本人が、わかんないんですけどアフリカとかどこか異国の地に自分が住み続けられるかって言ったらこれはだれしも分からないことであって……将来は子供産んで、老後年取って、子供が巣立って年取って、どうなるかわからないですけどね。相談しあって、協力して生きてくって感じですかね。

永住権や帰化もお考えですか?

そうですね。日本は国籍を一つしか取れないって先生から教えていただいたんですけど、でも日本国籍を取るのかな?でも、永住権とか帰化とかの前に、まずは家族を作りたいですよね。

最後にひとこと

(ご主人様) あまりにもスムーズすぎでした。

僕は山内先生が担当だったんですけれども、非常にスムーズにかつ適切に動いてくださって、状況報告も結構こまめにメールでしてくださったりで本当にスムーズだったので、逆に自分がこんなにスムーズでこんなに早くビザ来るなんて思わなかったので……思わなかったよね?

(奥様) うん。イミグレーションのインタビューもしなくてよくてびっくりしました。しないといけないと思っていたので。

イミグレーション(入国管理局)の面接は、避けたかった?

彼女が言うには、外国人がイミグレーション、入国管理局に行くって言ったら正直いい気はしないと思うんですよ。僕が海外に住んでいでイミグレーションに行くってなったら、「何聞かれるの?」という感じじゃないですか? しかも母国語じゃなくて日本語で聞かれますし。だから不安だらけですよね。それが無いっていう時点で結婚する相手の心がどれほど軽くなるか、ですよね。

だから、結婚する、動いてます、行政書士の先生に頼んでいるので間違いないよって言ってあげた方が相手方は安心しますよね。あ、プロの先生がついてくれてるんだって。あ、この人本気なんだ。この人は本気で私と結婚したいんだとかそういう意思疎通にもなるので、お互いの心もスムーズになりますし、手続き問題で喧嘩することも無いので、先生に頼んで、スムーズにやっていただいて、非常にありがとうございましたの一言です。

倉本様、どうもありがとうございました。

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格・ビザの基礎知識

在留資格・ビザの基礎知識

サイト運営者

サイト運営者

このサイトについて

このサイトについて

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。