同居について

同居について

「日本人の配偶者ビザ」の申請で同居は必要?

在留資格「日本人の配偶者等」を取得するにあたっては、夫婦の同居が実務上重要視されています。ですので、新規で申請する時 や、更新時に同居をしていない場合については細心の注意を払い、入国管理局へ文書で説明をする必要性が生じます。呼び寄せ(認定)の場合は、配偶者は海外 にいる前提なので同居予定であるということになります。

 

たしかに夫婦関係はそれぞれの夫婦で形が変わりますし、週末婚や通い婚というものも存在しています。少数派ではあると思います が。一番多い別居の形は単身赴任でしょう。ただし、配偶者ビザを取るという前提で考えますと、週末婚や通い婚は、避けることをお勧めします。いきなり不許 可にされるか、そうでなくとも相当突っ込まれます。単身赴任でさえも、別居という事実がある以上、相当の注意が必要になります。逆に言えば単身赴任しなく ても、夫婦二人で配偶者の勤務地近くに住むという選択肢があるにもかかわらず、配偶者の一方だけ単身で赴任することになった合理的理由が必要になるという ことです。

 

結論を言えば、入国管理局は夫婦の同居を常識のように押しつけてる側面があり、それは現在もなお偽装結婚で配偶者ビザを取ろう とする人がいるからです。偽装結婚に愛はなく、愛のない2人が同居するのは苦痛のはずです。それが偽装結婚によるビザ取得の犯罪を防いでいる側面もあるのです。

無料相談

日本人配偶者ビザにあたり不安な点があったら、まずは在留資格(ビザ)申請に詳しい行政書士に相談してみることをお勧めします。早期相談が確実なビザ許可のポイントです。

さむらい行政書士法人では、日本人の配偶者ビザ申請についてのご相談を受け付けています。それぞれのお客様の事情に応じた対策を探り、許可までの道筋をご提案いたします。

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-5830-7919名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格・ビザの基礎知識

在留資格・ビザの基礎知識

サイト運営者

サイト運営者

このサイトについて

このサイトについて

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。