トップページ > 配偶者ビザのQ&A(よくある質問) > 配偶者ビザ取得には年収はどのくらいあれば安心か?

配偶者ビザ取得には年収はどのくらいあれば安心か?

配偶者ビザを申請する上で、気になる項目の一つが「収入」ではないでしょうか。

“どのくらい収入があれば許可が下りるのか”

“少ないと不許可になってしまうのではないか”

と不安に思っている方もいるかと思います。

 

結論から申し上げますと、年収の目安はおおよそ300万円です。

丁度日本の新卒社員の給料くらいでしょうか…。

 

とは言え、“これで安心!”ではなく、扶養に入るか共働きなのかなどそれぞれのご家庭の状況によっても異なりますので、「〇〇円あったら許可が下りる」という訳ではありません。

目安より少ない年収であっても、安定・継続した収入があり貯蓄も十分であれば許可が通る場合もあるのです。

 

ちなみに、一番良くないのは「夫婦そろって生活保護など公的負担になる恐れがある」こと。

また、安定しない収入は夫婦関係の破たんにも繋がる可能性があります。正直、入国管理局側としては配偶者ビザを許可するメリットがありませんので、一つの目安として“公的負担になる恐れがないか?”などもチェックしてみるといいでしょう。

無料相談

日本人配偶者ビザにあたり不安な点があったら、まずは在留資格(ビザ)申請に詳しい行政書士に相談してみることをお勧めします。早期相談が確実なビザ許可のポイントです。

さむらい行政書士法人では、日本人の配偶者ビザ申請についてのご相談を受け付けています。それぞれのお客様の事情に応じた対策を探り、許可までの道筋をご提案いたします。

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-5830-7919名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格・ビザの基礎知識

在留資格・ビザの基礎知識

サイト運営者

サイト運営者

このサイトについて

このサイトについて

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。