トップページ > 配偶者ビザのQ&A(よくある質問) > 配偶者ビザの申請後に追加書類を求められたときの対応

配偶者ビザの申請後に追加書類を求められたときの対応

配偶者ビザの申請後に追加書類を求められた場合、“求められた書類をきちんと提出すれば問題ありません。”

 

おそらく、追加書類を求められると“もしかしたら不許可かも…”と焦ってしまうかもしれません。しかし、追加書類を求められるということは、現時点では「完全に許可」ではないけれど、少なくとも「不許可ではない」ということです。

【補足】

入国管理局では、はじめの段階で申請者を次の4つに振り分けます。

A.許可が相当な配偶者ビザ案件

B.慎重な審査を要する配偶者ビザ案件

C.明らかに不許可相当の配偶者ビザ案件

D.資料の追完が必要な配偶者ビザ案件

 

今回の場合、該当するのはDですね。もし、はじめの段階で「不許可」であれば、そもそも追加書類を求められることはありません。

では、どういう時に追加書類を求められるのか、いくつか例を挙げていきましょう。

例えば

 

●婚姻期間が短い

 

●配偶者との年齢が離れている

→ 偽装結婚ではないか確認したい

 

●就職したばかり

→ 形だけの就職ではないか確認したい

 

などがあります。このように、追加書類を求められたからと言って、決して「不許可」になるわけではありません。“審査するにあたって情報が足りないからもっと教えてほしい”という合図なので、あまり不安がらず堂々と対応していきましょう。しかし、しっかりとした対応が必要なのは事実です。

無料相談

日本人配偶者ビザにあたり不安な点があったら、まずは在留資格(ビザ)申請に詳しい行政書士に相談してみることをお勧めします。早期相談が確実なビザ許可のポイントです。

さむらい行政書士法人では、日本人の配偶者ビザ申請についてのご相談を受け付けています。それぞれのお客様の事情に応じた対策を探り、許可までの道筋をご提案いたします。

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-5830-7919名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格・ビザの基礎知識

在留資格・ビザの基礎知識

サイト運営者

サイト運営者

このサイトについて

このサイトについて

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。