トップページ > 配偶者ビザのQ&A(よくある質問) > 配偶者ビザの申請で法定代理人になれるのはどんな人?

配偶者ビザの申請で法定代理人になれるのはどんな人?

配偶者ビザの申請では、本人に代わって法定代理人が申請することもできます。

法定代理人とは、法律の規定により代理人となる人のことを指します。

では、どのような人が法定代理人になれるのでしょうか?

 

法務省が定めている法定代理人は、下記の3パターンとなっています。

<親権者>

申請者ご本人が20歳未満の場合、この方に代わって、身分上及び財産上の監督保護・教育を内容とする権利義務を有する人。

 

<未成年後見人>

申請者ご本人が20歳未満の場合で、この方に親権者がいないとき、又は親権者が管理権(財産に関する権限)を有しないときに後見となる人。

 

<成年後見人>

申請者ご本人が成年被後見人の場合で、この方に代わってご本人のための法律行為を行う方、又はご本人による法律行為を補助する人。

つまり、配偶者ビザの場合は外国人配偶者の親族など、申請者の責任が取れる人が法定代理人になれるということです。具体的には、「本邦に居住する本人の親族」に限られています。

 

ちなみに、配偶者ビザの申請では、多くの場合日本人の配偶者が法定代理人となっています。

※法律上の親族とは…民法の規定により6親等内の血族・配偶者・3親等内の姻族のこと。

無料相談

日本人配偶者ビザにあたり不安な点があったら、まずは在留資格(ビザ)申請に詳しい行政書士に相談してみることをお勧めします。早期相談が確実なビザ許可のポイントです。

さむらい行政書士法人では、日本人の配偶者ビザ申請についてのご相談を受け付けています。それぞれのお客様の事情に応じた対策を探り、許可までの道筋をご提案いたします。

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-5830-7919名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格・ビザの基礎知識

在留資格・ビザの基礎知識

サイト運営者

サイト運営者

このサイトについて

このサイトについて

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。