トップページ > 配偶者ビザのQ&A(よくある質問) > 外国人配偶者の一時出国とビザの関係

外国人配偶者の一時出国とビザの関係

外国人配偶者の一時出国とビザの関係

外国人配偶者が海外へ行く場合ですが、1週間や、1ヶ月くらいの期間なら何の手続もなく日本を離れても大丈夫ですが、長期で日本を離れる場合はビザの点で注意していただきたいことがあります。特に3ヶ月以上と、1年以上の長期で日本を離れる場合です。

3ヶ月以上日本を離れる場合

3ヶ月以上日本を出国する場合に、「再入国許可申請」を入国管理局に申請する必要はないですが、将来的に「永住許可申請」や「帰化許可申請」をしたいとおもっている外国人の場合は、3ヶ月以上出国するとこれまでの日本在留年数がリセットされます。

 

これはどういうことかというと、永住や帰化の申請は一定年数以上日本に住んでいることが申請の要件となっているのですが、3ヶ月以上日本を離れていると出国前の年数がカウントできなくなるということです。ですので、一時帰国出産や長期の海外駐在がある場合は将来のためには気をつけておきましょう。

1年以上日本を離れる場合

1年以上日本を出国する場合には、「再入国許可」を入国管理局に行って取得する必要があります。1年以内か1年を超えるかが再入国許可が必要か、不要かのさかい目です。

 

再入国許可を取らずに1年を海外で過ごしてしまった場合は、現在もっている在留資格(ビザ)は自動的に無効になります。ですので1年超えて日本に来ても観光等でしか入ってこれないということです。在留資格(ビザ)がなくなります。

 

これは「日本人の配偶者」にかぎらず、「永住」を取得している外国人も同様ですので気をつけましょう。

無料相談

日本人配偶者ビザにあたり不安な点があったら、まずは在留資格(ビザ)申請に詳しい行政書士に相談してみることをお勧めします。早期相談が確実なビザ許可のポイントです。

さむらい行政書士法人では、日本人の配偶者ビザ申請についてのご相談を受け付けています。それぞれのお客様の事情に応じた対策を探り、許可までの道筋をご提案いたします。

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-5830-7919名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格・ビザの基礎知識

在留資格・ビザの基礎知識

サイト運営者

サイト運営者

このサイトについて

このサイトについて

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。