トップページ > 配偶者ビザのQ&A(よくある質問) > 国際結婚しても別居してたら配偶者ビザは取れない?

国際結婚しても別居してたら配偶者ビザは取れない?

別居している夫婦の場合、配偶者ビザを取得することはできないのでしょうか?

「できない」と思われがちですが、実は取得することができるのです。

 

ただし、“仕事の都合上でどうしても別居せざるを得ない”など、入国管理局が納得する理由がある場合に限ります。

 

入国管理局が納得できる正当な理由であっても、同居している夫婦と比較するとビザ取得のハードルが高いことは間違いありません。“なぜ別居しているのか”をきちんと説明できない場合は不許可になってしまうため、別居している状態で配偶者ビザを取得する場合は、気を抜かずしっかり対応していきましょう。

 

逆に、別居している理由が“夫婦関係が破たんしている”だった場合、まず許可は下りないと考えて置いた方がいいでしょう。なぜなら、この場合は“配偶者としての役目を果たしていない”と判断されるからです。たとえ配偶者ビザを取得できたとしても、6カ月以上夫婦としての活動を行わなかった場合、入国管理局は配偶者ビザを取り消すことができるのです。

 

※実際、2017年には裁判所が「別居していても夫婦が助け合って生活している場合には、結婚が破たんしているとはいえない」と、入国管理局がビザ申請を不許可にしたことに対し“間違いだった”と指摘する判決があります。

無料相談

日本人配偶者ビザにあたり不安な点があったら、まずは在留資格(ビザ)申請に詳しい行政書士に相談してみることをお勧めします。早期相談が確実なビザ許可のポイントです。

さむらい行政書士法人では、日本人の配偶者ビザ申請についてのご相談を受け付けています。それぞれのお客様の事情に応じた対策を探り、許可までの道筋をご提案いたします。

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-5830-7919名古屋エリア052-446-5087大阪06-6341-7260中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0973

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格・ビザの基礎知識

在留資格・ビザの基礎知識

サイト運営者

サイト運営者

このサイトについて

このサイトについて

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。