フランス人との結婚手続

フランス人との国際結婚手続きの方法

1.日本で婚姻手続をする場合

日本の役所に提出するもの

①婚姻届
②婚姻要件具備証明書(フランス人配偶者)

③ 日本人配偶者の戸籍謄本 (本籍地の市役所に届出の場合は不要)

④オーストラリア人配偶者のパスポート

このうち、婚姻要件具備証明書は、フランス大使館に請求します。

婚姻要件具備証明書の発行に必要な書類

【フランス人が用意するもの】

1.出生証明書の謄本または抄本(3ヵ月以内に発行されたもの。出生地の市役所で取得)
2.フランス大使館が指定する質問票(フランス大使館HPでダウンロード可能)
3.フランス国身分証明書またはフランス国籍証明書のコピー
4.パスポートのコピー

【日本人が用意するもの】

1.戸籍謄本の原本とそのフランス語訳
2.フランス大使館が指定する質問票(フランス大使館HPでダウンロード可能)
3.パスポートもしくは顔写真付身分証明書のコピー

上記の書類は、フランス大使館領事部に郵送します。
郵送してから婚姻具備証明書が自宅(日本)に届くまで、フランス人が長期滞在ビザで日本に居住している場合は約2週間程度かかり、日本以外に居住している場合は、最短でも1カ月半程度かかります。

これらの書類をそろえて、日本の役所に婚姻届出をします。受理されたら、日本側での結婚手続きは完了です。
次にフランス大使館に報告的届出をする必要があります。

フランス大使館に提出するもの

① 婚姻届記載事項証明書(アポスティーユ付)
② ①のフランス語訳
③ フランスの戸籍への登録申請書(フランス大使館HPでダウンロード可能)
アポスティーユ証明の取得
日本の外務省宛てに請求する。婚姻要件具備証明書を提出し、翌稼動日以降に取得できます。

2.フランスで婚姻手続をする場合

フランスの役所に提出する書類

【フランス人が用意するもの】

① 出生証明書(出生地の役所で取得)
② 居住証明書 (居住地の役所で取得)

【日本人が用意するもの】

① 出生証明書
② 慣習証明書 
③ 独身証明書

全てフランスの日本大使館で取得します。
取得するためには、アポスティーユ付戸籍謄本を提出する必要があります。
そのため、まず日本の本籍地の役所で戸籍謄本を取得し、外務省にアポスティーユ添付を申請します。

これらの書類が揃ったら、フランスの役所に提出します。
その後、日本大使館に報告的届出をします。

日本大使館に提出する書類

・フランスの役所発行の婚姻証明書と日本語訳 
・フランス人の身分証明書、またはパスポートと日本語訳
・日本人の戸籍謄本 
・日本人の滞在許可証コピー 

報告的届出が完了すれば、フランスでの婚姻手続きは終了です。

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格・ビザの基礎知識

在留資格・ビザの基礎知識

サイト運営者

サイト運営者

このサイトについて

このサイトについて

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。