オーストラリア人との結婚手続

オーストラリア人との国際結婚手続きの方法

1.日本で婚姻手続をする場合

日本の役所に提出するもの

①婚姻届
②オーストラリア人の婚姻無障害証明書(certificate of no impediment)

 在日本オーストラリア大使館で取得できます。

 取得には、夫婦二人分のパスポート、日本人配偶者の戸籍謄本が必要です。5日程度で発行されます。

③日本人配偶者の戸籍謄本(本籍地の市役所に届出の場合は不要)

④オーストラリア人配偶者のパスポート

これらの書類を役所に提出し、婚姻届が受理されたら、日本での婚姻手続は完了です。
オーストラリア大使館には報告的届出はできません。
日本での婚姻がオーストラリアでも有効な婚姻として認められ、必要があれば、日本の役所が発行する婚姻届受理証明書で証明することになります。

2.オーストラリアで婚姻手続きをする場合

オーストラリアでの結婚は、牧師、神父、または結婚執行者の資格を持った立会人のもとで結婚式を行う必要があります。

■結婚式の3つの方法

①教会で牧師または神父の立会いのもとで行う方法

教会は、宗派以外の結婚式を行わない場合がありますが、日本からの結婚式ツアーの受け入れを行う等、誰でも結婚式ができる教会もあります。

②会場を設定し、結婚執行者を呼ぶ方法

結婚執行者が立ち会えば、どんな場所での結婚式も可能です。結婚執行者は、知人友人の紹介によって探すのが一般的ですが、電話帳にも載っています。

③婚姻登記所で式を挙げる方法

登記所に行き、結婚の意思があるかどうか、国籍・年齢等についての審査を受けます。その後、結婚希望通知書を提出し、結婚式を予約し、式を行います。費用は150A$程度一般的ですが、州により異なります。

結婚式が終わると、婚姻証明書を発行してもらえます。
その後、日本大使館に報告的届出が必要です。

日本大使館に提出するもの

①婚姻届
②オーストラリアの婚姻証明書
③婚姻証明書の和訳文
④2人のパスポートコピー
⑤外国籍配偶者のパスポートの和訳文
⑥日本国籍配偶者の戸籍謄本

日本大使館への届出が終われば、婚姻手続は完了です。

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格・ビザの基礎知識

在留資格・ビザの基礎知識

サイト運営者

サイト運営者

このサイトについて

このサイトについて

ROBINS掲載事業者です

ROBINS掲載事業者


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。